ゆうちょダイレクトにパスワード作成機(トークン)利用開始



郵便局のネットショッピング

 ゆうちょダイレクトを利用する際の安全なパスワードとしてワンタイムパスワードが利用開始されました。
 今まで、事前に決められた同じパスワードを利用していたため、そのパスワードを知られると第三者に送金される
事例が利用者の気づかないところで起きている事例が複数発生していた。この対策のため、送金する場合には1回ごとに
変わるパスワード(ワンタイムパスワード)の利用が推奨されていました。
 2014年6月より事前に登録した利用者にトークンが配布され、設定をすることにより今までのような固定パスワードではなく
1回きりのパスワードの利用に変更されるためセキュリティの向上が図られました。
トークンとは、6桁の数字が表示され、その数字が一度しか使えないパスワードであり、そのパスワードは1分ごとに生成し、
液晶に表示される小型の電子機器です。その数字は1度しか利用が出来ないため、第三者にパスワードを盗み見られた場合でも、
2度目の取引には利用は出来ないため安全が図られます。
多くの貯金をしている方は第三者による送金を防止するためトークンの利用を開始しましょう。
 この仕組みにより、次の取引には最大1分間待つ必要があります。

ゆうちょダイレクト用トークン


○既に利用している方の通知葉書を受け取って利用開始まで
1.既存の利用者は申し込みサイトから5月14日昼以降に申し込みます。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/direct/pc/security/dr_pc_sc_token.html

2014年6月以降は、上記の他に下記のアドレスでもトークンの新規又は再発行を受け付けています。
ゆうちょトークン申し込み

2.利用者に送られるトークン配布通知葉書のQRコードからの申し込みも可能です
葉書については5月以降6月中旬までに登録した住所に住んでいる方で送金する金額設定が0ではない方に届きます

3.WEBにアクセスして、トークン配布通知葉書に記載された申し込み番号を入れますので配達を待ちます
ゆうちょ銀行トークン配布通知葉書

4.届いたらまず、指定されたWEBにアクセスします
ゆうちょ銀行トークン配布申し込みWEB

5.通帳(口座)の記号と番号とトークン配布通知葉書に記載された申し込み番号を入力します

6.合致すると予約登録され、利用メールアドレスにメールが届きます
ゆうちょ銀行トークン申し込みメール

7.メールに記載された登録完了URLにアクセスすると登録が完了します
ゆうちょ銀行トークン注文完了

8.6月23日以降、トークンが発送されます。


補足
利用している口座が複数ある場合は複数通のトークン配布通知葉書が届きます。
既存利用者向けトークン配布通知葉書の送付は6月下旬までに行われます。
既存契約者でも利用していない人と利用する設定にしていない人には送られません。

ゆうちょ銀行通知葉書

注意事項
ゆうちょダイレクトを利用していない方には葉書は届きません
引っ越ししている方で転居届を出した方には、転送不要の通知葉書は届きません
6月末までに転居する方は、トークンが転送不要で送られるため届きません
転居している方は7月以降に住む住所に登録住所を変更後に申し込みをします(6月末)

○トークンが届いてからの利用方法

ゆうちょトークンの電源の入れ方
1.トークン表面の1が○で囲まれている黄緑色のボタンを押します。
2.液晶部分にワンタイムパスワード6桁が表示されます。
3.トークン表面、左下の×が五角形で囲まれたボタンを押すと電源が切れます。

ゆうちょトークン電源入れ方

1.ゆうちょダイレクトにアクセスし、トークン利用開始を設定します。

2.ログイン後のメインメニュー一番上に設定画面があります
セキュリティ:トークンの設定:各種送金サービスで利用するトークンの利用登録等を行います。
ゆうちょトークン設定

3.ゆうちょトークンの利用登録を行います
お送りしたトークンを、ゆうちょダイレクト(インターネットサービス)の各種送金サービスで利用可能とするための
利用登録を行います。「トークンの利用登録」をクリックしていきます。

ゆうちょトークン設定

4.トークンの個別シリアルとワンタイムパスワードを入力し登録を行います
お送りしたトークンの裏面に記載しているシリアル番号(半角数字10桁)およびトークンに表示された
ワンタイムパスワード(半角数字6桁)を入力して、「実行する」をクリックしてください。
トークンの裏面左下に記載されている数字(10桁)がシリアル番号になります。

ゆうちょトークン設定

5.登録完了します
トークンの利用登録が完了すると、各種送金サービスをご利用する際には、トークンが必要となります。 (インターネット用暗証番号では各種送金サービスをご利用いただけません。)

6.「トークンの時刻の同期」
各種送金サービスにおいて、トークンに表示された数字を正確に入力しているのにエラーとなる場合は、 「トークンの時刻の同期」をクリックして設定します。
ゆうちょトークン設定

2.トークンが必要となる取引は下記のものです
獅艪、ちょ銀行口座あて振替(電信振替)
資シ金融機関あて振込
獅vEB連動振替決済サービス
傘ay-easy(ペイジー)税金至e種料金の払込み

3.上記取引の際は、最後の画面でトークンの6桁の暗証番号を利用します。


今までの「メール方式」から「トークン方式」に移行すると、メール方式には戻れません。

紛失した場合は、実費1,080円(口座からの徴収)にて再発送していただけます。
トークンの再発行手続きについては下記にアクセスし必要事項記入の上郵送します。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/direct/pc/security/dr_pc_sc_token_reissue.html


「ゆうちょダイレクト」のセキュリティ強化について 〜「トークン(ワンタイムパスワード生成機)」の無料配布を開始いたします〜



[PR]賢い人のお得なサイト | ハピタス
[君の名は]DVD等7月26日販売開始予約受付中@amazon.co.jp

戻る
郵便発送に戻る

0011048