紙幣枚数が違う・硬貨大量投入:銀行ATM注意文





 銀行ATMを利用する際は入れた金額・出てきた金額は事前又は事後にしっかり数え
相違がないことを確認しておくように注意告知がされています。
違っていたら大変なことになりますので機械を詰まらせたりしないように注意しましょう。
特に硬貨は詰まりやすいです。
との告知がありましたので紹介します。


対策
入金すると画面にいくらの入金があったのかが表示されます。
その表示が正しいかどうか確認してから確認操作を行いましょう。
金額が違う又は違うかわからないのなら取り消しして返却してもらい
再度数えて納得してから再度入れてみましょう。


また台数が少ない郵便局のATMの場合は手数料無料だったり夜や土日でも硬貨が扱えたりしますので
比較的利用者が多く並ぶことも多々ありますので譲り合って利用していただくよう告知されています


●銀行ATMにおける「大量の硬貨」の取扱に関するお願い2018.10

ATMへの大量の硬貨投入により、次のような支障が生じております。
・機器内の硬貨が満杯になることによる一部サービスの停止
・汚損硬貨、変形硬貨の投入による機器故障
・他のお客さまのお待ちになる時間の増加 等
銀行ATM「大量の硬貨」の取扱

・「詰まるので1度に硬貨の投入は30枚まで」の告知
銀行ATM「硬貨投入は30枚まで」
●銀行ATMを利用の場合の注意事項について
・3回連続で取引しましたら次の人にお譲りし、交代を(並び直し)
銀行ATM「お一人様連続3回まで」

ご注意ください
いつも銀行ATMをご利用いただき
誠にありがとうございます。

銀行ATM入金の際は、必ずご自信で現金を確認し、
納得したうえで画面の確認ボタンを押して
ください。払い戻しや、お釣りも必ずその場で画面の
金額と合っているかを確認してください。

◎入金したのに印字された金額が違う
 ◎お釣りの金額が違う
  ◎払戻の現金が違う
    などは
銀行ATMが止まらない限りは絶対にありえません。
その為の検査もできませんので、ご利用の際は、
十分お気を付けください。

銀行ATM設置管理部署


銀行ATM入金カウント相違


[PR]賢い人のお得なサイト | ハピタス


戻る
郵便発送に戻る

0018256