1等10万円が当たる平成29年(2017)用お年玉付き年賀葉書の発行及び予約開始|郵便局年賀状






 プレスリリース 平成29年用年賀葉書の発行及び販売 により、下記の内容が発表されました。
今年の郵便窓口での販売は9種類です。
販売期間:2016年11月1日(火)朝の窓口開始時間〜2016年1月6日(金)窓口終了時間まで
最終時間は金曜ゆうゆう窓口で深夜23:59までです。
その時間以降は、郵便局では販売していませんので印刷済み年賀を売っているコンビニ等をご利用ください。
コンビニ店舗販売のコンビニ商品である印刷済み年賀はがきは販売期間を郵便局が設定していません。


当選番号発表:2017年1月15日(日)[当せん番号]
干支:酉年[とり]
元旦配達のための差し出し期間:平成28年12月15日(木)〜平成28年12月25日(日)まで
(12月14日より前に差し出された場合は、差し出し後1〜2日で配達される場合があります)
(12月26日(月)以降同月28日(水)までに出された年賀状もできる限り元日にお届けできるよう取り組みます)
(ただし、郵便番号が書いていない・住所が省略されている場合は間に合わない可能性が高いです)
2017年(平成29年)です
お間違いなきよう。書き損じの場合、同じ年度の年賀はがきなら手数料だけで交換できます。
写真用など52円ではない販売価格のものとの交換は差額が必要です。


●2016年11月から販売する2017年用のラインナップです。
1.ディズニーキャラクター(インクジェット紙)[52円]
2.ハローキティ(インクジェット紙)[52円]
3.いろどり[もも](インクジェット紙)[52円]
4.絵入り[寄附金付](地方版)[57円]
5.絵入り[寄附金付](全国版[ひよこ])[57円]
6.無地[52円]
7.無地(くぼみ入り)[52円]
8.無地(インクジェット紙)[52円]
9.無地(インクジェット写真用)[62円]

切手shopでの通販も可能です。
年賀切手もあります。詳細は
「平成29年用年賀郵便切手」の発行


●インクジェット紙 各種印刷等との適性について
○適している方式
・インクジェットプリンタ方式(高速印刷時は注意が必要)
・スタンプ(スタンプインクの種類によってはインクが裏に抜けることもある)
・水性インクの版画(ベタ部分が色抜けする場合あり)
・手書き・鉛筆(2B以上の軟質)やボールペンや毛筆や筆ペン、サインペン
・シールを貼り付ける
×適していない方式
・レーザープリンタ方式 ・熱転写方式(インクリボン方式、昇華型)
・コピー機(複写機)
・プリントゴッコ
・手書き:万年筆やシャープペンを使う場合



●平成29年(2017年)用年賀葉書等のお年玉賞品の内容について
1等(現金10万円[現金書留]、家電・旅行等のセレクトギフトから選択)100万本に1本
2等(地域名産品等から1点を選択)1万本に1本
3等(お年玉切手シート)100本に2本
お年玉年賀葉書賞品
当せん番号の発表と賞品詳細はこちら

●主な購入申し込み方法
[代金引換]郵便局や窓口で配布されている申込書に記載して配達を希望し窓口かポスト投函(送料無料)
[代金引換]ネット上で予約し配達を希望する場合は年賀はがき予約サイト(送料無料)
[クレジットカード先払い]ネットで申し込み配達を希望する場合は切手SHOP(手数料無料)
注意
在庫がない場合は、注文停止・キャンセル・在庫待ちになる場合があります

申込書
年賀葉書予約用紙

●印刷を含めて通販サイトで申し込み
「DMファクトリー」
「郵便局の年賀状印刷」
(個人の年賀状印刷の他、喪中はがき印刷・ビジネス用年賀状印刷も可能です)
郵便局窓口にも印刷申込用のチラシは置いてあります。申し込みは郵便局郵便窓口に限ります。
郵便局で年賀葉書の裏面印刷を頼む

販売開始後は、コンビニなどの販売店でも郵便窓口同様に販売いたします



■お手軽年賀(大きな絵印刷済みはがき)で気楽に投函
 裏面が真っ白な年賀はがきだといろいろ書かなくては白っぽいばかりで味気ない。だから書かない。
そんな方のためには裏面に大きくデザイン印刷されたタイプも窓口で販売されています。普通の葉書ではないので
印刷代分が上乗せされていますので若干お高いですが、「たくさん書かずに少しだけを気楽に書いて出したい」
という要望にお応えします。
郵便局の「お手軽年賀」告知

裏面に大きいデザイン印刷の入った「お手軽年賀」
郵便局での展示例(値段や枚数は需要や有望により変化いたします)
郵便局の「お手軽年賀」陳列

■年賀はがきの交換
年賀はがきの種類を交換したい場合は、郵便局の郵便窓口で手数料無料で交換できます。
書き損じた場合は手数料がかかりますが交換は可能です。ただし52円ではないタイプは差額も必要です。
年賀はがき購入後に不幸があった場合にも資料提示の上、無料での交換も期間内であれば可能です。
年賀はがき交換(誤購入・無料交換・服喪無料交換・書き損じ交換)

■海外宛年賀はがき
海外宛には販売されている52円の年賀はがきに18円を加算することにより、航空葉書70円の料金になります。
11月01日には差額用としての18円切手も販売が開始されます。海外には元旦配達の特別扱いはありません。また、
送った葉書のクジが当せんした場合の賞品交換は日本国内の郵便局でのみ行われます。
国際航空葉書18円差額用切手

■喪中用葉書
喪中欠礼状に使える通常はがき(胡蝶蘭)も配達によるお届けが可能です。
「11.通常はがき(胡蝶蘭・無地)」と「12.通常はがき(胡蝶蘭・インクジェット)」を用意しています。
喪中欠礼を受け取った場合の返信に使える線香も郵便窓口で販売しています。

喪中用胡蝶蘭はがき配達

お客さんに向けての年賀はがき:営業情報

年賀はがきを営業アイテムとして使う

●オリジナル年賀

オリジナル年賀とは、普通の年賀はがきより加刷デザインのしやすい部分の多い年賀はがきで
料額印面の下の部分とクジ番号の上の部分にオリジナルデザインの印刷ができます。
顧客への割引券などをいんさつすることができます。
後述のタウンメール扱いとして店舗の告知を地域住民全員に知らせることも可能となっています。

郵便局で年賀葉書でのDM印刷を頼む

●地域密着系DM年賀タウンメール

地域密着系DM年賀タウンメールとは、「2017年の年賀葉書」を指定されたエリアの
すべての世帯・事業所などに配達する商品サービス「タウンメール」の年賀はがき版です。
特別な配達のための料金はかかりません。
くじ番号が付いているためDMとの差別化ができ、当せん番号の発表時期まで
保管され高い注目が期待できます。受け取った日に注目できる内容、
当せん発表日以降にも再度見ていただける内容にすると効果が高くなります。
地域は「東京都○○区XX町」や「東京都○○区XX×△丁目」という形で
指定できます。指定された町域の配達件数ごとの利用となります。
ビジネス街中心に選びたい場合やマンションの多い地域を選びたいなど
エリアの指定する方法は差出人の自由です。
指定方法や利用方法など具体的なことは、郵便局の配達を受け持つ局に
電話してみてください。折り返し、営業担当から電話があります。
この時期ならではのPRツールとして、貴店の集客度アップ、 告知ツールなどにお役立つことが可能です。
主な利用方法
新規出店のお店の告知
飲食店の新規出前開始の告知
クリーニング店の告知
新聞購読していない人も含めて告知したい
などの利用が考えられています

●地域密着系DM年賀タウン:マンション限定

地域密着系DM年賀タウン:マンション限定とは、
大都市圏などで大きなマンションが多く建っている地域のみで取り扱っています。
「大きいマンションにだけ配達して欲しい」
「○○マンションの住民に対してだけ配達して欲しい」
というような希望がある場合に有効です。
ポスティングのチラシの投函できないマンションへも可能です。
マンション限定になるため、
「近くのマンションだけに告知して効率を上げたい」や
「高級○○マンションの住民に対して、近隣に建設される更に高級マンションの案内をしたい」や
「高級○○マンションの住民に対して、自動車販売店の案内をしたい」や
「高級マンションの住民に対してのお知らせをしたい」など
富裕者層限定のDMも可能となっています。

●高級マンションリンク
野村不動産:プラウド
三井不動産レジデンシャル:パークタワー:パークマンション
住友不動産:ラ・トゥール



[PR]賢い人のお得なサイト | ハピタス


公式サイト
年賀特設サイト 「郵便年賀.jp」
配達を受け持つ郵便局の連絡先を調べる
タウンメール
年賀タウンメール

戻る
郵便発送へ
0026630