郵便局にキャッシュレス決済導入を正式発表:クレカ利用やスマホ決済


 郵便局では今まで現金又は切手及び小切手を決済利用手段として利用していましたが、2020年2月よりキャッシュレス決済として
一部を除き「クレジットカード」「電子マネー」「スマホ決済」の利用が郵便窓口業務で可能になることが発表されました。
利用できる郵便局及び取引内容と利用できる種類については下記の通りです。
 今回の導入は「郵便窓口」と「ゆうゆう窓口」であり配達外務や貯金窓口での導入はありません。

 2019年現在、郵便局窓口ではゆうちょ銀行の「ゆうちょPay」なども含めて一切のキャッシュレス決済は利用できず
郵便葉書やレターパックをキャッシュレスでの購入をしたいという方は、切手通販ショップでクレジットカード決済や
セブンイレブンでnanacoによる支払を利用していただいていました。


御注意
下記については利用できません
・各種印紙の購入(収入印紙など)
・みずほ銀行が担当する宝くじの購入
・地方公共団体の発行する金券類(プレミアム商品券等)



郵便窓口・ゆうゆう窓口のキャッシュレス導入予定郵便局数
2020年2月−65局(全国主要都市の特に利用客の多い郵便局)
2020年5月−約8500局(利用客数が多いと見込まれる郵便局)
2023年頃−約20000局(簡易郵便局を除く、順次利用可能へ)
郵便窓口で利用できる、クレカ・電子マネー・スマホ決済一覧
関連公式
郵便局におけるキャッシュレス決済の導入 〜郵便窓口で取り扱う決済ブランド、導入局などの決定〜

[PR]賢い人のお得なサイト | ハピタス


●郵便窓口・ゆうゆう窓口

□取引について
○キャッシュレス取引の利用できる内容
・切手(普通切手・記念切手)や葉書(レターパック・スマートレター・年賀葉書)の購入
・郵便料金の支払い(別納料金・証紙貼付)
・荷物運賃の支払(ゆうパックの運賃、ゆうメール・ゆうパケットの窓口支払)
・カタログ販売(食品・年賀印刷)
・店頭販売(カレー・文房具・封筒・包装用品・ゆうパケットプラスの箱)


○キャッシュレス取引の利用できない内容(主に委託された内容)
・各種印紙の購入(収入印紙)
・みずほ銀行が担当する宝くじの購入
・地方公共団体の発行する金券類(プレミアム商品券等)


□キャッシュレス決済の可能な種類
○クレジット・デビット・プリペイドカード
・VISA
・MasterCard
・JCB
・AMERICAN EXPRESS
・Diners Club
・銀聯(ぎんれん)

○電子マネー
・交通系IC(SUICA・PASMO等、ただしPiTaPaは利用できません)
・iD
・WAON
・QUICPay+

○スマホ決済
・ゆうちょPay
・Amazon Pay
・au Pay
・d払い
・LINE Pay
・メルペイ
・Origami Pay
・Pay Pay
・楽天ペイ(アプリ決済)
・Alipay(アリペイ)
・Wechat Pay



●貯金窓口・保険窓口

 現時点の利用可能の予定はありません



●配達員等外務員による販売や収納金業務

 現時点の利用可能の予定はありません






[PR]賢い人のお得なサイト | ハピタス


郵便発送へ
0388337