国際eパケットライト(国際特定記録郵便:追跡付き国際小形包装物)LX-JP LP-JP WA-JP






 国際eパケットライトの利用が開始されることになりました。国際eパケットライトは国際特定記録とも呼ばれ
追跡付きで安く国際郵便のSAL小形包装物便を送りたいという要望により誕生しました。
追跡番号は外国宛は国際郵便体系(LX000000000JP)または(LP000000000JP)、外国来は(WA000000000JP)になります。

 海外小荷物通販向けに、追跡は必要だが特別急ぎではなく配達時に受領印が必要ではなく補償も必要としない
用途向けに利用が増えています。書留のように受け取り時に対面でのサインまたは押印を必要とはしないため
不在時にポスト投函又は指定場所に差し置いて欲しいという希望も可能となりました。

 外国から日本宛でも国際特定記録は利用されており、今まで追跡が出来なかった国内の地点データ等も入力されます。
ただし相手国から「国際eパケットライト国際特定記録」として日本に輸送されない種類の場合は、相手国での日本宛として
データは日本に送られてきても、日本国内での追跡データは入れませんので御注意ください。特にアメリカ発が多いです。
日本郵便の追跡ページでの引受が表示されても、日本国内での追跡入力はしない種類があります。
参考:USPS 追跡


2016年11月12日現在、出せる郵便局は全集配郵便局+α。
出せる国は、2016年11月に米国、香港、韓国、シンガポール、ベトナム、ニュージーランド、中国で開始され、
2017年4月には、台湾、カナダ、メキシコ、イスラエル、トルコ、アイルランド、イタリア、英国、オーストリア、
オランダ、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、
フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、ロシア、ブラジルが増えました。画像参照。

地帯別、eパケットライト取扱可能国2017.04現在
eパケットライト国際特定記録取扱可能国
国際eパケットライトの対象国及び引受郵便局の拡大2016.11
国際eパケットライトの対象国の拡大2017.03


アメリカ宛LX−JP
国際特定記録eパケットライトLXJP

シンガポール宛LP−JP
国際特定記録eパケットライトLPJP


国際特定記録郵便eパケライト(追跡付き国際SAL小型包装物)の出し方
日本発海外宛

1.国際特定記録郵便eパケライトの伝票を印刷します

2.郵便局に差し出し所定の検査が行われます(簡易局では出せません)

3.検査終了後引き受けられ、追跡データが入れられます

4.通関後、日本から海外宛に発送され、追跡データ登録がされます

5.航空輸送後、相手国の国際交換局で到着の追跡データが入れられます

6.通関後、税関から発送されたことを示す国際交換局発送追跡データが入れられます

7.配達局に到着後、到着データが入れられます

8.配達が行われ、配達完了の追跡データが入れられます。基本的にはポスト投函です。


●日本からアメリカ宛の追跡画面[日本で検索](国際eパケットライト)
国際eパケットライト追跡画面日本発

●日本からアメリカ宛の追跡画面[アメリカで検索]
(Postal Product:First-Class Package International Service)
(Features:Small Packet)

国際eパケットライト追跡画面日本発アメリカ検索

●日本からシンガポール宛の追跡画面[日本で検索](国際eパケットライト)
国際eパケットライト追跡画面日本発

●日本からシンガポール宛の追跡画面[シンガポールで検索]
(Postal Product:First-Class Package International Service)
(Features:Small Packet)

国際eパケットライト追跡画面日本発シンガポール検索


国際特定記録郵便eパケライト(追跡付き航空小型包装物)の受け取り方
外国発日本国内宛


1.相手国の差し出し人が国際特定記録郵便eパケライトの伝票を作成します

2.相手国の郵便局に差し出され所定の検査が行われます

3.郵便局で検査終了後引き受けられ、追跡データが入れられます

4.相手国通関後、日本宛に発送され、追跡データ登録がされます

5.航空輸送後、日本の国際交換局(川崎東郵便局)で日本到着の追跡データが入れられます

6.税関から通関後に発送されたことを示す国際交換局発送追跡データが入れられます

7.配達局に到着後、到着データが入れられます

8.配達が行われ、配達完了の追跡データが入れられます。基本的にはポスト投函です。
入らない場合は郵便物等のお預かりのお知らせが投函されるので再配達依頼をしてください

2016年11月現在、外国からの国際特定記録郵便は追跡データ上「外国来郵便」と「国際速達通常」の名称が使われています。
「速達」という表現ですが、国際郵便の「Express」内国郵便の「速達郵便」という意味での取扱をしているわけではありません。


●韓国から日本宛の追跡画面[日本で検索](国際eパケットライト[国際速達通常])
国際eパケットライト[国際速達通常]追跡画面韓国から日本

●韓国から日本宛の追跡画面[韓国で検索]
(Postal Product:First-Class Package International Service)
(Features:Small Packet)

国際eパケットライト[国際速達通常]追跡画面韓国から日本
返送された場合は、相手国の追跡画面には変化はありません

●日本からアメリカ宛だったの追跡画面[日本で検索](返送された国際eパケットライト)
国際eパケットライト追跡画面日本発

●日本からアメリカ宛だったの追跡画面[アメリカで検索]
(Postal Product:First-Class Package International Service)
(Features:Small Packet)

国際eパケットライト追跡画面日本発アメリカ検索

関連サイト
商品・サービス:国際eパケットライト


[PR]賢い人のお得なサイト | ハピタス

戻る
郵便発送に戻る

0472388