国際郵便向け切手が欲しい(8円70円90円110円130円新発売2018年10月)






 国際郵便向けの切手が2018年10月に新たに5種類発行されました。発行された切手は、国際葉書用の70円、アジア向け地帯
書状の最低料金用90円、ヨーロッパや北米地帯書状の最低料金用110円、アフリカや南米地帯書状の最低料金用130円、
そして2018年から追加された日本国内の葉書62円との差額である8円です。

年末の国際郵便の需要増に対応するため、毎年発行が行われている国際文通週間の5種類の切手です。
国際郵便向けですが、内国郵便(日本から日本に送る郵便)にも利用は可能ですので、定形外郵便用250円の組み合わせにも
利用が可能な110円が含まれています。
なお、国際郵便料金に利用できる切手は50円や100円などの普通の切手の利用も可能ですし、少数出すのであれば窓口で現金で支払えば
切手を貼る必要はありません。

 郵便窓口では常時販売はしていますが、ゆうゆう窓口にはない場合はあります。
毎年出ている通年販売するための切手のため、窓口で平成27年や28年や29年の同種の同額面の切手を販売している場合は、
下記の画像の2018年のデザインの国際文通週間の在庫がない場合はあります。




○2018年10月に新規で販売された国際郵便向け切手5種類(新在庫)
2018年発売国際郵便向け切手5種類


1枚ずつ購入すると5種類で408円になります

[販売]
30年国際文通週間(8円)
      8円  1枚   \8
30年国際文通週間(70円)
      70円  1枚   \70
30年国際文通週間(90円)
      90円  1枚   \90
30年国際文通週間(110円)
      110円  1枚   \110
30年国際文通週間(130円)
      130円  1枚   \130
小計             \408

2018年発売国際郵便向け切手5種類408円



○2017年10月に新規で販売された国際郵便向け切手4種類(新在庫)
2017年発売国際郵便向け切手4種類


1枚ずつ購入すると4種類で400円になります

[販売]
29年国際文通週間(70円)
      70円  1枚   \70
29年国際文通週間(90円)
      90円  1枚   \90
29年国際文通週間(110円)
      110円  1枚   \110
29年国際文通週間(130円)
      130円  1枚   \130
小計             \400

2017年発売国際郵便向け切手4種類400円



○2016年10月に新規で販売された国際郵便向け切手4種類(旧在庫)
2016年発売国際郵便向け切手4種類


4種類を1枚ずつ購入すると400円になります

[販売]
28年国際文通週間(70円)
      70円  1枚   \70
28年国際文通週間(90円)
      90円  1枚   \90
28年国際文通週間(110円)
      110円  1枚   \110
28年国際文通週間(130円)
      130円  1枚   \130
小計             \400

2016年発売国際郵便向け切手4種類400円




関連サイト



[PR]賢い人のお得なサイト | ハピタス


戻る
郵便発送に戻る

0329424