航空書状で送れる物品の使い分け。EMS「書類用(BusinessPapers)」で送れる内容品





2018年1月1日から万国郵便条約の変更により内容品により送り方を変える必要が出てきます。
今まで「手紙としての書状」に「品物としての課税物品」は同時に送ることが可能でしたが2018年1月からは
無理となりました。
 今後は「書状扱い」には手紙類及び別記してある特に商業的利用ではなく価値のない品物に限り、
それ以外の「課税物品」は「小形包装物(書類同梱不可)」「国際小包郵便物(書類同梱不可)」を利用します。
なお、課税物品と手紙を同時に送りたい場合は、「EMS(物品用伝票)」を利用してみてください。


 国際郵便の「書状」(主に封書で送付される国際郵便物)は、「書類」のみ包有と定められ、
物品を同梱することが出来なくなります。

例示:手紙と簡単なプレゼントを同梱して外国宛に送る→不可となりました
 この場合、国際スピード郵便のご利用であればお引き受けすることが可能です。

「書状」として送ることのできる書類の例は次の通りです(価値があるなど商業利用に該当しない場合)
<相手国が内容品として認めているか、書留・保険付きでのみ送れるという条件を付けているかは国際郵便条件表参照>
通信文・書類・為替・トラベラーズチェック・小切手・現金(紙幣、硬貨)・航空券・乗車券・株券・カード類・
以下画像参照
必要に応じCN22を利用します
書状で送れる内容品


EMSの「書類用(BusinessPapers)」を利用できる内容品について。2000年頃のもの。
手紙・有価証券・磁気ディスクなどについては書類用伝票+税関告知書(CN22)の利用も可能です。
また相手国や日本国の通関に必要な場合はインボイスの添付も必要です。

EMSの「書類用(BusinessPapers)」を使う場合の内容品
EMSの書類用(BusinessPapers)を使う場合の注意



[PR]
賢い人のお得なサイト | ハピタス

アナと雪の女王2 [DVD][Blu-ray]発売中@amazon


戻る
郵便発送に戻る

0102035