電信振替:ゆうちょ口座間の即時送金[ATM・ネット無料可能な郵便振込]





 「電信振替」とは、端末を操作することにより即時に自分のゆうちょ口座から相手のゆうちょ口座に送金できる仕組みです。
多くの方はインターネットやゆうちょATMを利用し自分で端末を操作して送金をしていますが、貯金窓口でも利用できます。
手軽で簡単で無料(貯金窓口以外)なので個人間では一番多く利用されているゆうちょ銀行の送金方法です。

「振替」とはゆうちょ銀行の口座間での送金を示しており、以前は「通常振替(文書による振替口座間の送金)15円」が
ありましたが、だいぶ前に廃止されました。
「払込み」と呼ばれる、現金でゆうちょ銀行口座に送金する方法もあります。
「銀行振込」と呼ばれる、自分のゆうちょ口座から他の金融機関の口座に送金する方法もあります。

●概要
 ATMで操作する場合は、自分の貯金を引き出すのと同様に暗証番号と相手のゆうちょ口座の記号・番号で送金できます。
ATMなら1口座あたり月3回までは無料です(2016年10月、無料利用可能回数が設定されました)。
 貯金窓口では、「電信振替請求書」に記載することにより相手のゆうちょ口座に有料で電信振替で送金が出来ます。
 ネットでは「ゆうちょダイレクト」を利用することにより自宅からでも相手のゆうちょ口座に電信振替できます(1ヶ月5回まで無料)。
 いずれの場合も、操作者または貯金窓口担当者が操作を完了したのとほぼ同時に相手のゆうちょ銀行口座に送金が行われます。
電信振替時に希望があれば送金した文書通知も送ることが可能です。窓口からはメッセージは送れません。ATMからはあらかじめ
ゆうちょ銀行が設定した定型メッセージが選択できます。ゆうちょダイレクトからは自由メッセージが送れます。
 相手の口座を確認してから送金が行われるため、銀行間の振込のように、口座番号や名義を1文字間違えたため振込失敗し
相手には振込が届かず自分で振り込みした銀行の窓口等で訂正等しないと振り込みが完了しないと言う面倒なことには
ならないため簡単で安全で安心できる方法といえます(入力した相手の口座名義は表示されますので確認してから実行します)。

 
送金の流れは下記の通り
1日目−電信振替が行われ、完了次第相手に送金が行われます
2日目−文書通知は夕方までに発送が行われます(総合口座宛は希望者に限る)
3日目−翌日配達地域の口座受取人に文書通知が郵便配達により行われます(総合口座宛は希望者に限る)
4日目−翌々日配達地域の口座受取人に文書通知が郵便配達により行われます(総合口座宛は希望者に限る)


下記の取り扱いはこのページでは取り扱っていません
・ゆうちょ銀行以外の口座に振込(送金)する内国為替
・他の銀行のATMから、ゆうちょ銀行の総合口座または一般振替口座に振り込みする
・郵便局貯金窓口留で送金する方法


●電信振替の送金先ゆうちょ銀行口座の記号番号
総合口座の記号番号
1AAB0−C−DDDDDD
記号
1桁目は1・5桁目は0
AA−口座所管事務センターごとに割り当てられている番号
B−チェックデジット
C−通帳再発行番号(送金には利用しません・再発行していない人にはありません)
番号
D−一連番号(2〜8桁)


一般振替口座の記号番号
0AAB0−C−DDDDDD
記号
1桁目・5桁目は0
AA−口座所管事務センターごとに割り当てられている番号
B−チェックデジットその1
C−チェックデジットその2
番号
D−一連番号(1〜6桁)


銀行振込用の店名・口座番号の場合
店名−〇一八等(漢数字3文字)
口座番号−一連番号(1〜7桁)


●電信振替手数料・料金
 窓口で電信振替を行う場合は青い「電信払込み請求書・電信振替請求書」を使うと払込む人が手数料を支払います。
青い「電信払込み請求書」を利用する場合は送金料金を無料にすることは出来ません。用紙は貯金窓口や書記台にあります。


ATM利用:無料(1契約口座あたり1ヶ月3回まで無料。4回目からは123円)
窓口利用:144円(金額不問)
ゆうちょダイレクト:無料(1契約口座あたり1ヶ月5回まで無料。6回目からは113円)

○電信払込み請求書記入例

電信振替請求書記入例



[PR]賢い人のお得なサイト | ハピタス


○電信振替をゆうちょATMでやる場合
利用可能なのはゆうちょ銀行ATMに限りますす
 ATM電信振替補足
平日 〜07:00まで大規模繁華街近くの極少数のATMに限ります
〜21:00まで 
〜23:55まで大規模繁華街近くの極少数のATMに限ります
土曜日 〜08:00まで大規模繁華街近くの極少数のATMに限ります
〜09:00まで稼働している少数のATMに限ります
〜21:00まで 
〜23:55まで大規模繁華街近くの極少数のATMに限ります
日曜日 〜08:00まで大規模繁華街近くの極少数のATMに限ります
〜09:00まで稼働しているATMは少ないです
〜17:00まで 
〜21:00まで稼働しているATMは少ないです
21:00以降×稼働しているゆうちょATMはありません

補足注意
稼働時間の短いATMは平日は17時30分、土曜日や日曜日は12時30分までしかやっていない場合もあります。日曜日・祝日は休止の所も多いです。


・ゆうちょATM稼働時間案内(日曜営業長時間稼働機)
ゆうちょATM稼働時間案内(日曜営業長時間稼働機)店頭掲示

・ゆうちょATM稼働時間案内(土曜営業稼働機)
ゆうちょATM稼働時間案内(土曜営業長時間稼働機)店頭掲示

●電信振替の利用流れ(簡易版):ゆうちょ銀行ATMを利用します
1.ゆうちょ銀行や郵便局にあるATMに営業時間内に行き「ご送金」を押します
2.「ゆうちょ口座へのご送金」を押します
3.「通帳またはキャッシュカード」を入れます
4.「暗証番号」を入力します
5.振替先選択で「記号番号」または「店名」のどちらかで入力するか選択をします。
6.振替先の「記号」を5桁押します(0から始まる場合は6桁)。
7.振替先の「番号」を2〜8桁押します。
8.「金額」を押します
9.受取人に「送金文書通知(100円)」をするか確認が行われます
10.入力した「記号番号」「金額」及び口座の受取人名義に間違いがないかの確認が行われます
11.登録を元に送金が即時に行われます
12.振替先を登録するか確認が行われます(次回も電信振替するのなら登録します)
13.通帳又はキャッシュカードと明細が出て終了します


●電信振替の利用流れ(詳細版):ゆうちょ銀行ATMを利用します
1.ゆうちょ銀行や郵便局にあるATMに営業時間内に行き「ご送金」を押します
ゆうちょATMで電信振替(無料振込)

2.電信振替は「ゆうちょ口座へのご送金」を押します
ゆうちょATMで電信振替(無料振込)

3a.ゆうちょ口座からの出金扱いのため「通帳またはキャッシュカード」を入れます
ゆうちょATMで電信振替(無料振込)

3b.入れる場所が光りますので、どちらか一方を入れます
ゆうちょATMで電信振替(無料振込)

4.「暗証番号」を入力します
ゆうちょATMで電信振替(無料振込)

5.振替先選択で「記号番号」または「店名」のどちらかで入力するか選択をします。
ゆうちょATMで電信振替(無料振込)

6.記号番号で指定された場合は、振替先の「記号」を5桁押します(0から始まる場合は6桁)。
ゆうちょATMで電信振替(無料振込)

7.振替先の「番号」を2〜8桁押します。
ゆうちょATMで電信振替(無料振込)

8.「金額」を押します
ゆうちょATMで電信振替(無料振込)

相手に通知する名義を変更または数字等を伝えたい場合は受取人の指定した番号、依頼人名を変更して送金を確認してください。

9.相手が通帳のある口座の場合は受取人に「送金文書通知(100円)」をするか確認が行われます
ゆうちょATMで電信振替(無料振込)

10.入力した「記号番号」「金額」及び口座の受取人名義に間違いがないかの確認が行われます
ゆうちょATMで電信振替(無料振込)

11.登録を元に送金が即時に行われます
ゆうちょATMで電信振替(無料振込)

12.振替先を登録するか確認が行われます(次回も電信振替するのなら登録します)
ゆうちょATMで電信振替(無料振込)

13.通帳又はキャッシュカードが返却され、明細がカード入出口から出て終了します
ゆうちょATMで電信振替(無料振込)


○電信振替をゆうちょ銀行または郵便局貯金窓口でやる場合
利用可能なのはゆうちょ銀行窓口又は郵便局貯金窓口によります
  郵便局貯金窓口ゆうちょ銀行窓口郵便窓口
ゆうゆう窓口
補足
平日 〜09:00まで××× 
〜16:00まで× 
〜17:00まで×17時まで稼働している窓口は都市部の少数になります
〜18:00まで×18時まで稼働している窓口は都市部の極少数になります
18:00以降××× 
土曜日
日曜日
祝日
12月31日
1月1〜3日
全日×××ゆうちょ銀行と郵便局の貯金担当窓口は
営業は平日のみとなります


・ゆうちょ銀行窓口営業時間店頭掲示例

ゆうちょ銀行窓口営業時間店頭掲示

・郵便局貯金窓口営業時間店頭掲示例

郵便局貯金窓口営業時間店頭掲示

●電信振替の利用流れ(詳細版):ゆうちょ銀行または郵便局貯金窓口
1.「電信払込み請求書・電信振替請求書」を入手いたします
↓用紙は窓口に近くの書記台にあるか、ゆうちょ銀行・郵便局の窓口で担当者から入手が可能です
電信振替請求書
電信振替請求書
電信振替請求書

2.電信振替請求書の書き方を見本に送金先から指定された、お受取先口座番号の記号・番号、送金金額
お受け取り先加入者名に口座名義を上部に記載します
↓ご依頼人である自分の住所・氏名・電話番号を下部に記載します
↓電信振替ですので、自分の口座の記号・番号の記載と印鑑を押します

3.ゆうちょ銀行または郵便局貯金窓口に行き通帳と電信振替請求書を提出します

4.端末操作がされ控えが出ますので保管します


関連
ゆうちょ18時まで営業している貯金窓口


電信振替の利用に関するQ&A

Q:記号が0から始まる一般振替口座にも電信振替は可能でしょうか
A:通帳のない一般振替口座にももちろん可能です。料金は回数限定で無料です。
一般振替口座への文書通知は無料で行われます。またメッセージも無料です。
ATMの場合、下記のように強制的に通知されることが案内されます。
ゆうちょATMで電信振替(送金内容郵送通知)



Q:ATMから電信振替するときに通知できるメッセージはどのようなものがありますか
A:いくつかの種類で簡単な文のみになります
例:ジャンルとして用意されているのは
・「お祝い」
・「シーズンのお祝い」
・「おわび・お礼」
・「親しい方への伝言」
[お祝い]だと
・おめでとうございます
・心からお祝い申し上げます
・御結婚おめでとうございます
などが用意されています。
ゆうちょATMで電信振替(メッセージ郵送)
ゆうちょATMで電信振替(メッセージ郵送)
ゆうちょATMで電信振替(メッセージ郵送)


Q:ATMから電信振替するときに相手から記号番号ではなく、店名と口座番号を知らされましたが利用可能ですか?
A:店名と口座番号でも利用は可能です。銀行振込と違い口座種目の入力は必要ないです
まず「店名」を入力します。漢数字3文字ですので、最初1文字目の読み仮名の1文字目を押します
ゆうちょATMで電信振替(店名入力)

店名が「〇××」の場合は1文字目はゼロですので「セ」を押して店名候補から3桁合致するのを選びます
ゆうちょATMで電信振替(口座番号入力)

つづいて、口座番号を入力します
ゆうちょATMで電信振替(メッセージ郵送)

Q:現金を利用してゆうちょATMで電信振替のできる曜日・時間は何時から何時までですか?
A:ATMから現金での電信振替は利用できません。窓口から「電信払込み」を利用されてください。

Q:電信振替などは土日の郵便局窓口からも可能でしょうか?
A:土日や夜に営業しているのは、郵便窓口とゆうゆう窓口です。どちらも郵便業務に限られます。

Q:相手に通知される名義を変更したり注文番号を付加したりできますか?
A:窓口であれば希望の文字または数字を「ご依頼人欄」に記載し、ATMであれば変更操作で可能となりました。
詳細は受取人の指定した番号、依頼人名を変更して送金振込:ゆうちょATMを確認してください。



[PR]賢い人のお得なサイト | ハピタス


戻る
郵便発送に戻る

0056203