レターパックプラス・レターパックライトの商品解説



レターパックライト(旧:レターパック350)とレターパックプラス(旧:レターパック500) の具体的な便利さや違いについてお知らせいたします。



<日本全国一律料金>
角2封筒がすっぽり入る厚紙仕様の専用封筒(340mm×248mm)で、A4サイズの普通紙なら250枚程度封入できます。
印字された追跡バーコードにより配達状況がわかります。運送は速達で配達までを速達に準じた取扱により 迅速な配達が見込めます。

●注意
郵便法により郵便物であるレターパックには現金は入れられません。現金を入れる場合は現金書留にする必要があり
レターパックには特殊取扱は付加できないため送れません。現金封筒を購入し窓口からお送りください。なお
送る相手から「現金(紙幣)をレターパックに入れて」と指示されている場合は意図的な詐欺の可能性が高いほか、
現金書留や郵便法を知らない人には現金書留の存在と利用をお伝えください。


レターパックプラス(レターパック510)
レターパックプラスの画像
料金 510円
形状・重量 340mm×248mm(A4ファイルサイズ)重量4kg以内
配達方法 配達先へは対面でお届けし、受領印または署名をいただきます。
封が出来れば厚くなっても大丈夫です。封筒を立方体に合わせれば厚い物も入ります。
ただし、紙の封筒を工夫して折ることになりますので練習が必要となります。
入るサイズ例 マチ0の状態からマチを1cmずつ増やしていった場合の入るサイズ(変形後は直方体とします。)
横x縦x厚さ(マチ) 単位cm
25x34x0 (初期状態)
21x30x4 (A4サイズ。厚さ4cm分)
18x27x7 (漫画単行本x2冊並列 最大値。厚さ14cm分)
15.5x24.5x9.5 (直方体としての容積最大値)
関連
レターパックプラス(旧:レターパック500)にはどの位のサイズが入るか


レターパックライト(レターパック360)
レターパックライトの画像
料金 360円
340mm×248mm(A4ファイルサイズ)厚さ3.0cm以内重量4kg以内
(厚さと重量には、レターパックの厚紙封筒の実質の厚さと重さを含みます)
郵便受箱に配達します。


<選べる発送方法で街中の郵便差出箱(ポスト)に投かんもOK>
郵便差出箱ポストへ投かん(※1)、郵便局等の窓口へ持ち込み、 集荷サービス利用(※2)など差出人さまのご都合に応じた発送方法を選択いただけます。
※1 一部の旧型の郵便差出箱ポストは入り口が小さいため入りません。
※2 レターパックプラス(510)については、集荷依頼もOK!詳しくはお近くの郵便事業会社支店にお尋ねください。

<発送後も安心の「追跡サービス」>
ご依頼主さま保管用シールに記載のお問い合わせ番号により、インターネットやお電話で「追跡サービス」がご利用できます。 (配達完了メール通知サービスがご利用いただけます。)
※差し出しの際は、ご依頼主さまがシールをはがし、保管いただきますようお願いいたします。

<安心のお届け方法>
レターパックプラス(510)
配達先へは対面でお届けし、受領印または署名をいただきます。
レターパックライト(360)
郵便受箱へ配達します。
※ポストに入らない場合は対面での手渡しになりますが不在の場合は不在通知書が入ります。
ご不在時の再配達や、お勤め先への転送も行っています。


<再配達の際は時間が選べて安心>
再配達をご希望いただいた時間帯に再配達いたします。
再配達の希望時間帯は、次のとおりです。
「午前中 08時頃〜12時頃」
「午後(1) 12時頃〜14時頃」
「午後(2) 14時頃〜17時頃」
「夕方 17時頃〜19時頃」
「夜間 19時頃〜21時頃」
当日中の再配達をご希望される場合は、当日19時頃までに電話でお問い合わせください。
21時頃までに再配達いたします。
また、受取人さまからのご依頼により、ご希望の場所へ転送いたします。
※電話受付時間は事業所によって異なる場合があります。また、地域、天候、道路事情等によって一部配達できない場合もございます。
※窓口での受取の希望は不在通知書に書かれた時間以降、営業時間内に限ります。

<速達に準じた迅速な輸送>
深夜のトラック輸送や遠距離は航空機輸送も利用し迅速な輸送が行われます。
速達と同じではありませんがレターパック500は到着次第、最も速い配達担当者による配達が行われます。
速達とは違い、最初の訪問で必ず不在通知書が入ります。
速達とは違いますので遅延しても内国郵便約款の定めによる料金返還はありません。
速達の数量や気象状況により純粋な速達より遅くなる場合があります。

「レターパックライト(360)」送達日数サービスレベル注意点
「レターパックライト」の送達日数は、おおむね「レターパックプラス」と同様ですが、配達の状況により遅れる場合がございます。
とは具体的にはどのような内容かの解説
・早朝までに配達郵便局に到着した場合→到着日の夕方までに配達します(午前中に配達されない場合があります)
・昼過ぎまでに配達郵便局に到着した場合→到着日の夕方までに配達します
・夕方に配達郵便局に到着した場合→到着日の翌日夕方までに配達します(到着日当日の配達はされません)
お急ぎの場合は、レターパックプラス(510)をご利用ください。


<遠距離で航空輸送がされる場合の注意事項>
航空機での輸送が制限されている危険物を内容とする荷物等を誤って航空機に搭載することを防ぐため、 次のレターパックは、内容品にかかわらず航空便への積載ができません。
あて名の品名欄に
「品名記載のない」場合
「具体的な品名が記載されていない」場合(品名から安全性が確認できない)
「航空輸送できない危険物を内容とする」場合
その際は、自動車便や船便等により振替輸送させていただきますので、配達に要する期間が1日〜4日程度遅れることとなりますので、 具体的な品名をあて名ラベルの品名欄に記載していただきますようご協力願います。

関連
新しいレターパック(ライト&プラス)を購入したので比較してみた
レターパックの愛称とデザインが変わりました
レターパックプラス(旧:レターパック500)にはどの位のサイズが入るか



レターパック総合情報ポータルに戻る
郵便発送に戻る

0202556