レターパックライト(旧:350)とレターパックプラス(旧:500)の違いについて






●レターパックプラス(旧:500)
販売価格は510円
封が閉まれば厚くなってもよく、最大重量は4kgまで
運送は速達ルートで一番早い配達便で配達がされる
配達は手渡しで受領印をいただく
デザインは赤ベース(画像→http://yubin.2-d.jp/lp/15p.jpg
個人差し出し1個からの集荷依頼が可能

●レターパックライト(旧:350)
販売価格は360円
封が閉まり厚さは3cmまで、最大重量は4kgまで
運送は速達ルートだが、午前中の配達がなかったり夕方到着分は当日の配達はしない
配達は受取人の郵便受けに投函される
デザインは青ベース(画像→http://yubin.2-d.jp/lp/15r.jpg

●共通の部分
厚紙封筒のサイズはA4ファイルサイズ(外寸34cmX25cm)
追跡サービスが利用可能
差し出しは街のポストに投函することが可能
郵便局・郵便事業会社(電話による配達依頼)・切手類販売店・コンビニ等で購入することができる
不在時(レターパックライトでポストに投函できない場合含む)は不在通知書が入る
書き損じ等の交換が可能
こわれものは特別扱いしないので入れないのが無難
現金・貴金属など郵便法により入れることはできない
特殊取扱(着払・代金引換・書留等)を付加することはできない
重さ・厚さの制限を越えている場合・封がされない場合等は受取人に送らず差出人に返送される


関連
新しいレターパック(ライト&プラス)を購入したので比較してみた


戻る
郵便発送に戻る

0011034