レターパックライト・レターパックプラスが発表されました。


  プレスリリース:レターパックの愛称とデザインが変わりますにより、 レターパック350が青系統のレターパックライトに、レターパック500が赤系統のレターパックプラスに名称変更されました。
今までの名称と色調だとわかりにくいという意見があったため、名称と色の系統を変更したもようです。 宛先等を記載する部分が使いやすいようなレイアウトになったなど利用者の利便性を考えた変更が行われています。

表面画像(報道発表より)
レターパックライト(旧:レターパック350)
レターパックプラス(旧:レターパック500)
以下は主な変更点と変更しない点についての発表です(追加は随時行います)。


Q:料金・取扱・規格(サイズ)・紙質には変更点はありますか?
A:ありません
Q:何が変わりましたか?
A:色調・料額印面の位置・電話番号欄の位置が変わりました
Q:品名欄はありますか?
A:大きくはっきり記載できるようにスペースが大きくなりました
Q:厚さや重さの制限は変更しましたか?
A:表面にハッキリ記載してあるように、変更点はありません
Q:いつから販売されますか?
A:事業所の旧仕様が無くなり次第に納入され、販売が早いところだと6月上旬頃から開始されます
Q:未使用のレターパック旧仕様を新仕様に交換は可能ですか?
A:6月以降店舗在庫があれば交換手数料のみで新仕様に交換できます
Q:いつごろから窓口にありますか?
A:レターパックライトは6月上旬、レターパックプラスは6月下旬から出回りました


関連
新しいレターパック(ライト&プラス)を購入したので比較してみた
レターパックプラス(旧:レターパック500)にはどの位のサイズが入るか



戻る
郵便発送に戻る

0002615