ゆうパック値上げ改正に伴う解説と質問回答(2018年)


 郵便局では2018年3月より、ゆうパックの運賃を改定することを発表しました。
この項目では運賃がどのように変わり、新たに出来た項目や注目すべき点、注意する点について解説いたします。


この項目は発表後の順次拡大し、解説の個人的見解は個人利用について注目する点を強調しています。


2018年3月期改正

 運賃については運送経費や不在がちな受取人のために配達員の労働時間が増えたりするなどの
現在の傾向を鑑み、同業他社の大幅値上げに同調した運賃設定になるもようです。
サイズの小さい60サイズは110円、サイズが大きくなるにつれ値上げ幅も大きくなり
140サイズでは+190円、170サイズでは+230円が現行基本運賃より高く(平均12%)なるもよう。
また、地帯の見直し等の調整により、距離やサイズによっては異なる場合があり、
同時に10個以上差し出すことにより適用される数量割引は廃止される。

25kg超の変更
更に各サイズごとの最大重量は現行の30kgから25kgに下がり、25kg以上は新運賃より
500円高い運賃の適用される「重量ゆうパック」として出すことになる。
2017年現在、同業他社の宅配便は最大重量が25kgであるため重い荷物はゆうパックに集中し
他の荷物より1日遅くなる猶予のみで引き受けていたため経費のかかる重い荷物が
無視出来ない状態になっていた。

想定運賃1(発表された情報を基に計算した値です)
現行:県内宛60サイズ690円(最大30kg)
新規:県内宛60サイズ800円(最大25kg)
新規:県内宛60サイズ1300円(25kg超の重量ゆうパック)

想定運賃2(新潟・秋田から関東に送られる29.9kgの米)(発表された情報を基に計算した値です)
現行:第一地帯宛120サイズ1400円(最大30kg)
[新規:第一地帯宛120サイズ1560円(最大25kg)]
新規:第一地帯宛120サイズ2060円(25kg超の重量ゆうパック)
ゆうパック2018年に値上げ


運賃関係その他
140サイズ超のスキーゆうパック及び空港ゆうパックは160サイズの基本運賃を適用
(ゴルフゆうパックの120サイズ超については140サイズの基本運賃を適用)
現在の郵送によるお届け済み通知サービスを廃止


サービス関係
Web決済型ゆうパック
<主なサービス概要>
(ア)運 賃:ゆうパック基本運賃から180円差し引いた金額
・継続利用割引:直近1年間に10個以上の利用で10%引き
・郵便局受取割引:発送時に郵便局受取指定で100円引き
(イ)差出方法:郵便局、コンビニ、又は「はこぽす」へのお持込み
(ウ)ラベル印字:自宅で印刷又は郵便局、コンビニで印字
(エ)支払方法:クレジットカード等による事前決済

ゆうパックあて名ラベル作成スマートホンアプリの提供

自宅で確実に受け取るサービス
・指定場所配達サービスの実施
・19〜21時の配達時間帯希望の追加
再配達依頼の場合は締切時間繰り上げ
ネットからの当日再配達の依頼締切は17時とするもよう
ゆうパック再配達依頼締切時間


初回受取日時・場所の指定ができるサービスの拡充
現在は、発送時にメール通知を利用している方に限り可能にしていた、
「初回配達前に配達日時の指定」
「勤務先への無料転送」
「全国の郵便局での受取への変更」
をゆうパックの追跡web等から可能にする
また、初回配達前に、「はこぽす」やコンビニでの受取への変更も可能する
予定
郵便局からの通知メール


運賃の変更は2018年3月1日
各種サービスについては、準備出来次第順次

公式発表はこちらです
ゆうパックのサービス改善と運賃改定等のお知らせ

2017年6月期改正

発表内容
1.第二種郵便物(はがき料金)
通常葉書52円から62円へ
往復葉書104円から124円へ
わぶみは終了
広告付き・胡蝶蘭・かもメールも62円へ
年賀葉書は52円のまま
(年賀葉書とは、12月15日から1月7日までの間に差し出された通常葉書であって、表面に「年賀」の文字を
明瞭に朱書(朱記:赤色の時で明確に誰にでも読めるように記載する)して差し出されたもの。私製も含む
私製とは紙などの葉書本体を基準に則り作成したもので切手貼付又は証紙もしくは別納で差し出される。)
年賀特別郵便以外の特殊取扱とすることはできません。
はがき料金06変更


2.定形外郵便
所定の規格に収まるかどうかによって、料金を分けて設定します。
規格は、長方形の場合、長辺34.0cm以内、短辺25.0cm以内、厚さ3.0cm以内及び重量は1.00kg以内(最小は14.0cm×9.0cm)
[直方体・正方形の場合も上記条件]
円柱形の場合、長辺34.0cm以内、直径(短径)3.0cm以内、及び重量は1.00kg以内
(14.0cm×直径3.0cm以下の場合は、厚紙又は耐久力のある紙等で長さ12cm幅6cm以上の大きさの宛名の書かれた荷札を利用する)

図説の定形外郵便の規格内と規格外
定形外規格外図解

規格外の定形外郵便は厚みがあると機械による区分ができず、輸送や搬送に経費がかかるほか
受取人の郵便受けに入らなかったりする割合が多くなることで経費がかかります
定形外郵便料金06変更

3.ゆうメール
所定の規格に収まるかどうかによって、運賃を分けて設定します。
規格は、長辺34.0cm以内、短辺25.0cm以内、厚さ3.0cm以内及び重量は1.00kg以内

図説のゆうメールの規格内と規格外
ゆうメール規格外図解

規格外のゆうメールは厚みがあり機械による区分ができず、輸送や運搬に経費がかかるほか
受取人のポストに入らなかったりする割合が多くなることで経費もかかります
年末はカレンダーを送る人が多くA3以上の板状梱包だったり、長さ50cmくらいで直径5cmの筒状梱包が
多くなり1個1個人が目で見て区分を手作業でするため手間と経費がかかります。
ゆうメール運賃06変更


郵便料金等の改定
2017年はがき料金変更

2017年定形外郵便運賃変更

2017年ゆうメール運賃変更


料金・運賃変更による新しい額面の切手及び葉書は62円のみが販売開始されました。
新料額の普通切手及び郵便葉書の発行等


●2017年6月、第二種はがき・定形外・ゆうメール運賃改正に関する質問と回答

・Q:(規格内)と(規格外)は領収書にも記載されますか?
 A:種類と重量ごとに分けて記載されます。

・Q:5月中に出す往復葉書の返信部は52円ですが6月からはどうなりますか?
 A:6月の返信が見込まれる場合は10円切手を貼り付けてから出します。

・Q:新料金になっても、今の葉書はそのまま使用はできますか?
 A:料金変わっても表示されている金額分の価値は変わりません。差額は必要です。

・Q:5月31日の最後のポスト取集後にポストに入れると6月1日までポストの中にありますが新料金ですか?
 A:5月に出したものとみなされる前例があり6月1日の最初の取集は旧料金のものとして取り扱っていただけます。

・Q:料金変更前に買った52円はがき、は今後もそのまま使えますか?
 A:新料金になっても過去の葉書は無効化はしませんのでそのまま金額分は使用できます。

・Q:新料金になるように追加で切手を貼った葉書は貼った枚数だけ交換手数料はかかりますか?
 A:手数料はかかります。その時の新料金になっているのなら1枚分の手数料のみかかります。

・Q:2017年6月1日以降に、葉書が52円で出せる条件は?
 A:年賀特別郵便扱いとすることで、52円で出せます(次の料金改定まで)。

・Q:料金が変わることによる新しい料金の切手や葉書に無料交換はできますか?
 A:無料交換は行いません。

・Q:新しい料金に不足する場合、何円までは無視(見逃がし)されますか?
 A:見逃しはないです。1円以上不足していたら料金不足となります。

・Q:料金変更等で過去の切手や葉書が使用不可になることはありますか?
 A:今のところ予定はありません。

・Q:新料金なのに気づかず旧料金分の切手のみ貼り手紙を出すとどうなりますか?
 A:料金不足として差出人に返送されたり受取人に不足額の支払いを求めます。

・Q:過去の7円とか10円とか40円とか41円とか50円の葉書は今も使えますか?
 A:現在の料金との差額を切手で貼るか、窓口で現金で支払えば利用可能です。

・Q:「新料額切手への無料交換」「差額の料金収納印」の利用はいつ発表されますか?
 A:どちらも実施や利用はされませんので2017年以降回答のみで発表はされません。

・Q:定形郵便の82円の封筒、92円の封筒、郵便書簡(ミニレター)はいくらになりますか?
 A:葉書・定形外・ゆうメール、ではないので変化はないです。

・Q:レターパックプラスとレターパックライトとスマレも変更されますか?
 A:レターパックとスマートレターは変更されません。


2014年4月期改正

 2013年10月1日、政府は2014年4月1日から消費税率を増税するとの発表をした。
この発表を受け日本郵便は2013年12月、消費税が上がった分の郵便料金等の変更を発表しました。
ここではその発表の内容と具体的な取り扱いについて、どのようになるのかの解説を行います。
新郵便料金表[国内郵便料金早見表]2014年4月改正もご覧ください。

新切手発売開始

2013/12/02報道発表がされました。
公式文書で読みたい場合はリンク先を見てください
プレスリリース:郵便料金の変更認可申請及び変更届出等
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2013/00_honsha/1202_02.html
プレスリリース:エクスパックの取扱終了
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2013/00_honsha/1202_03.html
プレスリリース:新料額の普通切手及び郵便葉書等の発行等
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2013/00_honsha/1206_01.html

●郵便料金改正に伴う実際の取り扱いに関する質問と回答
郵便のことに詳しくない方も多くいるため「自動的にそうなる」「必然的にそうなる」「慣例でそうなった」
などのことについて、知らない人のために詳しく記載しています。

ツイート

○制度・仕組みについて
・Q:郵便料金はどのくらい、何円単位で上がりますか
 A:今まで5%だったのが8%になった割合で、1円10円単位(一部例外で5円単位)になります。

・Q:郵便料金はいつからあがりますか。消費税増税での新郵便料金の適用開始日について。
 A:2014年4月1日に差し出しされた郵便物・荷物から変更されます。

・Q:国際郵便料金も消費税増税で変更されますか?
 A:国内宛の一部を除き、海外に送る場合の国際郵便料金は変更されません。

・Q:新しい郵便料金に使う新料額切手や葉書やレターパックに古い額面の切手類から交換できますか
 A:特に制限はありませんので郵便窓口であれば交換は可能です。

・Q:消費税増税で新料金との差額はどのように支払えますか?
 A:事前に購入した切手を貼るか、窓口で差し出し時に差額を現金で支払います。

具体的な料金や取り扱いについて
・Q:定形外郵便はいくらぐらいに消費税増税で値上げになりますか?
 A:定形外で50gまでは120円、100gまでは140円、150gまでは205円、等となります。

・Q:ゆうメールの運賃も消費税増税で同様に値上げになりますか?
 A:250gまで215円、等のように、ゆうメールも上がります。

・Q:消費税増税で特殊取扱の料金はどれくらいに値上げになりますか?
 A:特定記録は160円で変わりなく、簡易書留は310円、速達は250gまで280円、一般書留は430円に変わります。

・Q:ゆうパックの運賃着払はいつ受け取るかにより支払う運賃は変わりますか?
 A:出したときに定められた運賃になります。保管料・返送料等はかかりません。

・Q:代金引換で出した場合に、税制変更で返金を受け取る手数料と印紙税は変わりますか?
 A:配達した日・送金された日、どちらかまたは両方が4月なら変わります。

・Q:レターパックに差額となる10円切手を貼り付けるのはどういう場合ですか?
 A:4月以降の返信になる返信用レターパックと、4月以降に差し出す場合です。

・Q:差額分の2円切手や10円切手がない場合は50円や100円切手を貼っても出せますか?
 A:多い分には大丈夫ですが、ポストに入れるのなら多い分の返還請求はできません。


その他の素朴な疑問について
・Q:国際郵便で使う70円切手、90円切手、110円切手、130円切手はまだ売ってますか?
 A:普通切手からはなくなりますが、国際文通週間の切手を郵便窓口で販売しています。

・Q:往復葉書は折らないでも出せますか?
 A:折らないと往復葉書にはならず定形外郵便になりますので、折ってから差し出します。

・Q:過去の料金変更時には差額は「料金収納印」を活用していましたか゛今回も使いますか?
 A:今回は事前に料金変更を知らせて差額の切手も既に販売しているので利用はされませんでした。

・Q:郵便局の窓口(ゆうゆう窓口)ではいつから新料金になるのでしょうか
 A:4月1日午前00時以降、窓口が開き次第です。なお午前00時00分には郵便局は開いていません。午前2時からです。

・Q:コンビニで出すゆうパックはいつから運賃が変わりますか?
 A:コンビニのPOS端末の切り替わりタイミングで変わりますがコンビニが決めています。

組み合わせ切手解説
・Q:212円切手が欲しい
 A:92円と120円が無難です

・Q:250円切手が欲しい
 A:110円と140円が無難です

・Q:280円切手が欲しい
 A:280円があります

・Q:332円切手が欲しい
 A:52円と280円が無難です

・Q:362円切手が欲しい
 A:82円と280円が無難です

・Q:372円切手が欲しい
 A:92円と280円が無難です

・Q:392円切手が欲しい
 A:82円と310円が無難です

・Q:400円切手が欲しい
 A:120円と280円が無難です

・Q:402円切手が欲しい
 A:92円と310円が無難です

・Q:420円切手が欲しい
 A:140円と280円が無難です

・Q:430円切手が欲しい
 A:120円と310円が無難です

・Q:482円切手が欲しい
 A:82円と120円と280円が無難です

・Q:492円切手が欲しい
 A:92円と120円と280円が無難です

・Q:512円切手が欲しい
 A:82円と120円と310円が無難です

・Q:522円切手が欲しい
 A:92円と120円と310円が無難です

・Q:530円切手が欲しい
 A:30円と500円が無難です

・Q:532円切手が欲しい
 A:2円と30円と500円が無難です

・Q:550円切手が欲しい
 A:50円と500円が無難です

・Q:560円切手が欲しい
 A:10円と50円と500円が無難です

・Q:600円切手が欲しい
 A:100円と500円が無難です

・Q:652円切手が欲しい
 A:62円と310円と280円が無難です

・Q:672円切手が欲しい
 A:82円と310円と280円が無難です

・Q:682円切手が欲しい
 A:92円と310円と280円が無難です

・Q:710円切手が欲しい
 A:5円と205円と500円が無難です

・Q:772円切手が欲しい
 A:62円と5円と205円と500円が無難です

・Q:802円切手が欲しい
 A:82円と100円と310円*2が無難です

・Q:830円切手が欲しい
 A:20円と310円と500円が無難です


国際郵便用
・Q:70円切手が欲しい
 A:70円切手は郵便窓口で販売しています。

・Q:90円切手が欲しい
 A:90円切手は郵便窓口で販売しています。

・Q:110円切手が欲しい
 A:110円切手は郵便窓口で販売しています。

・Q:130円切手が欲しい
 A:130円切手は郵便窓口で販売しています。


曖昧(あいまい)回避の疑問について
・Q:料金が変わることによる新しい料金の切手や葉書に無料交換はできますか?
 A:無料交換は行いません。

・Q:新しい料金に不足する場合、何円までは無視(見逃がし)されますか?
 A:見逃しはないです。1円以上(2円切手貼付忘れ等)不足していたら料金不足となります。

・Q:レターパック350やレターパック500も使用できなくなりますか?
 A:使用できなくなり返金されるのは「エクスパック500」のみです。レターパックとは無関係です。

・Q:料金変更等で過去の切手や葉書が使用不可になることはありますか?
 A:今のところ予定はありません。

・Q:新料金なのに気づかず旧料金分の切手のみ貼り手紙を出すとどうなりますか?
 A:料金不足として差出人に返送されたり受取人に不足額の支払いを求めます。

・Q:過去の7円とか10円とか40円とか41円の葉書は今も使えますか?
 A:現在の料金との差額を切手で貼るか、窓口で現金で支払えば利用可能です。

・Q:「新料額切手への無料交換」「差額の料金収納印」の利用はいつ発表されますか?
 A:どちらも実施や利用はされませんので2014年以降回答のみで発表はされません。


●消費税増税に伴う郵便料金改正に関する質問と回答

Q:消費税は上がりますか?
A:政府は消費税を2014年4月1日から8%に上げることを発表しました(発表日2013年10月01日)。

Q:郵便料金は上がりますか
A:消費税が上がると、郵便料金も上がる可能性はあります

Q:郵便料金はどのくらい上がりますか
A:消費税の変化率として108/105になり、概ね1.0285倍して円単位未満四捨五入の可能性があります

Q:郵便料金が上がる場合はいつ発表されますか?
A:審議会・届け出を経ての最終決定後です。決定してから2013年12月には発表される見込みです

Q:郵便料金はいくら上がりますか?
A:封筒80円の部分は上がるとしたら82円になると公表されています。

Q:葉書50円、封筒80円のところだけあがりますか?
A:あがるんだったら意図的に安くしている種類以外は全部あがりますよ

Q:契約者も契約運賃は上がりますか?
A:外税の人は税額の部分だけ変わります。内税表記なら転嫁され上がります

Q:葉書52円、封筒82円になったら52円切手と82円切手及び差額用の2円切手は発行されますか?
A:日本郵政の社長が「52円切手」「82円切手」「2円切手」の発行をすることを発言しました。

Q:8%から更に10%にあがる場合はまた料金変更になりますか?
A:政府が決めたら転嫁するしかありません

Q:切手類の無料交換や旧料金の葉書に新料金との差額の別納支払(新郵便料金収納印表示)は行いますか?
A:料金変更を利用者に期間に余裕をもちお知らせし、新しい切手や葉書を事前に用意できる場合は行わないこととなります。
A:年度末の忙しい時期に、4週間程度の準備期間になりますが早めに購入してください。

Q:代引発送時の郵便料金以外の部分についても変更点はありますか?
A:送金手数料・印紙税も法律やゆうちょ銀行の変更に伴い変更されます。詳細は 消費税増税・税法改正で変わるゆうちょ銀行手数料を。

Q:過去の消費税導入時の料金改定について教えてほしい
A:
消費税導入と郵便料金
(参考1)主な郵便料金の推移
第一種(封書・定形25g まで)
昭和56. 1.20〜 60円
昭和56. 4. 1〜 60円
平成元. 4. 1〜 62円(消費税3%導入)
平成 6. 1.24〜 80円
平成 9. 4. 1〜 80円※ (消費税5%に引上げ)

第二種(葉書)
昭和56. 1.20〜 30円
昭和56. 4. 1〜 40円
平成元. 4. 1〜 41円 (消費税3%導入)
平成 6. 1.24〜 50円
平成 9. 4. 1〜 50円※ (消費税5%に引上げ)

※平成9年4月1日からの消費税率5%への引上げ時は、消費税率引上げ分を経営努力により吸収し、郵便料金を
据え置いた。平成26 年4月1日からの消費税率引上げ分を郵便料金に転嫁する場合、平成6年以来の料金改定となる。
<総務省告知>

関連
ゆうメール


[PR]賢い人のお得なサイト | ハピタス



戻る
郵便発送へ
0030116