はがき料金62円時代に52円で葉書が出せる年賀はがき扱いにできる条件は?7日まで(料金変更Q&A)


 2017年6月より「郵便はがき」の通常期に出される通常はがき料金は62円になりました。
かもメールや絵入り葉書やエコーはがきなども料額印面は62円です(売価は62円ではない種類もあります)。
ただし「年賀はがき」は料金に変化がなく52円のままの利用が可能です。

郵便局では、年賀葉書の購入者に対して下記のような案内を出すとと共に今後は積極的に料金の違いについて
告知をしていきます。

追記
郵便料金を節約したい利用者には、年賀期間に出す急ぎ扱いを希望しない葉書を年賀として出しており
懸賞応募や事務連絡などについて効果的に安く利用している新たな活用方法が見いだされています。
ただし、郵便局側の誤認識で、年始の挨拶以外の用途(懸賞応募)で年賀郵便を利用した場合に料金不足扱いとして
トラブルになる事例(返送や不足としての配達)が報告されています。
年賀葉書の料金不足となる条件

公式案内が追加されました
年賀はがきの郵便料金について


どのような場合に52円で出せるのか下記の条件の場合になります。

<差出期間>
・12月15日から翌年1月7日に差し出されたもの(郵便差出箱に投函された場合も含む)

<はがきの種類>
・日本郵便が発行する年賀はがき
・通常はがきの表面に「年賀」の文字を朱記したもの
・私製年賀葉書(紙などの葉書本体を基準に則り作成したもの)

<補足>
・52円未満の葉書の場合は不足分の切手を貼ります
・明確に朱記しない場合(黒字・小さい・上部記載)は、年賀扱いにはならず10円不足になる可能性もあります
・内容文については特に関係ありません(懸賞応募等可能)

<年賀扱いは下記になります>
・切手が貼られていない場合は消印はされません(締切日以降到着の締切日当日消印ない場合の無効扱い)
・切手を貼り年内に出された場合は、翌年1月1日の年賀消印になる期間があります
・2017年等の過去表記があると、「配達後年賀の再度投函」と判断され差出人に返送される場合があります
・年賀配達となりますので12月15日以降に出された場合は、翌年1月1日以降の配達になります(1月2日配達はありません)
・年賀輸送となりますので翌日配達や翌々日配達にはならない方法で効率よく輸送されますので
急がない場合の利用に限ります

・12月14日以前、1月8日以降に出された場合は年賀扱いされませんので10円不足となる場合もあります

葉書が52円で出せる方法

応募葉書は12月15日から年賀扱いだと52円で出せる


52円で出すことについての質問と回答

Q:どこで年賀扱いとして出せますか?
A:ポスト投函や窓口で出せます。私製の葉書を出す場合、窓口なら別納・現金支払いの証紙貼付・切手のどれかにより支払います

Q:年賀として出せる期間はいつからですか?
A:12月15日からです

Q:いつまで年賀として出せますか?
A:1月7日の最終時間です。24時間営業店舗なら23時59分です

Q:消印有効は可能ですか?
A:消印省略の郵便局の葉書を利用する場合は締切に注意してください

Q:年賀状(年始の挨拶)以外の用途としての利用にも活用できますか?
A:年賀郵便として出すのは利用者の自由です

Q:どのような年賀利用以外の活用方法がありますか?
A:懸賞応募やアンケート葉書など急がず締切に余裕がある場合に年賀特別郵便適用の料金の有効利用ができます

Q:窓口の人に「この懸賞葉書を年賀として出すのですか?」と聞かれましたが出せますか?
A:上記条件を満たしていれば、年賀として年賀特別郵便の料金で出せます

Q:ポストに入れた年賀の条件を満たす懸賞等目的の葉書が料金不足で戻ってきた
A:取扱期間内なら利用可能ですので、戻した理由を郵便局に問いあわせてみてください

Q:ポストに入れた年賀の条件を満たす懸賞等目的の葉書が10円不足で配達員から配達されたと受取人が言ってた
A:取扱期間内なら10円不足にはなりませんので、不足と判断した理由を郵便局に問いあわせてみてください

Q:懸賞利用で出す年賀葉書の表明に記載された「年賀」は抹消しても良いですか?
A:抹消すると年賀ではなくなるので料金不足になります。62円として送り消印され翌日配達にしたい場合は抹消します。

Q:懸賞葉書であることは郵便局の人が裏面を見て決めますか?
A:郵便局の人は通信文を見て判断すること(検閲)はしませんが、締切に間に合うのかは気にします

Q:郵便局の人であれば「年賀特別郵便のルール」については全員知ってますか?
A:知らない人もいますので間違った案内をされることはあります

Q:郵便局の人が間違うことはありますか?
A:誤認識や勘違いは少なからずありますので、誤案内であれば指摘してあげてください


52円の年賀葉書を利用できるのは1月7日まで
8日以降は10円を追加し62円にしてから投函します
1月8日からは年賀でも62円です




ご注意
この項目は2017年の料金改訂時のものです。 現在とは異なる場合があります。



郵便料金変更Q&A
郵便発送へ


[PR]賢い人のお得なサイト | ハピタス


0157892