押し潰して厚さチェックして欲しい要望は不可(規定サイズ違反回避)






 郵便局の郵便・荷物については大きさ・重さ・厚みで郵便料金や荷物運賃が決まります。
個人宅への通販が多くなりポスト(郵便受け)に直接投函できる簡単な発送方法を増やしましたが
一部の個人宅や古いアパートなどは集合受箱(自宅郵便受)に入るサイズが小さく、投函できずに
不在持ち戻りとして経費がかかることになりますので、最近は新しく設定された「厚み別運賃」も
活用が開始されました。
 一方、発送側は受けとり側のポストに入るかどうかより「厚み別運賃」や「最大厚さ制限」を最大限利用して
安く発送したいという考えもあり、柔らかい内容品や梱包時のプチプチ利用の場合は、そのままでは
厚みがオーバーした状態で差し出される場合もあります。
 2019年現在、郵便局の引受基準では押し潰しての計測は無理になっています。

2019年現在の基準

「厚みスケールの隙間に郵便物等を通過させ、圧を加えることなく引っかからずに通過できる」
不可
「膨らんでいる部分があるが圧を加えて軽く押さえれば通過する」
「スムーズには通らないが、スケールを固定し計測対象の郵便物を引っぱれば通過する」



郵便物等、厚み制限の厳守の依頼について
御注意
押し潰しての厚み制限を通過させる事例については、度を過ぎる依頼が多数あり、2018年後半新たな見解が出され
「押し潰さない」「力を入れて薄くしない」という基準を適用しています。
2019年には改めて基準が示され「適切な引受検査をするように」と通知がされています。
厚紙の梱包が削れるか、スケールが押し広げられて割れるかの戦いを繰り広げられている窓口もあります。
特に、フリマアプリのe発送で戦いがあります。無茶な戦いはお互い損ですのでご理解ください。


主な項目

●厚みの制限項目がある主な郵便商品

定形(バーコード割引):厚さ0.6cm
定形:厚さ1.0cm

スマートレター:厚さ2.0cm

レターパックライト:厚さ3.0cm

定形外規格内:厚さ3.0cm

●厚みの制限項目がある主な荷物商品

クリックポスト:厚さ3.0cm

ゆうパケット1cm:厚さ1.0cm
ゆうパケット2cm:厚さ2.0cm
ゆうパケット3cm:厚さ3.0cm
メルカリやヤフオクのゆうパケット:厚さ3.0cm

●ゆうパケット・レターパックライト等
[郵便物等の厚さの確認方法について2019年改定]

【引受可】
・制限ギリギリの厚さだが、引っかかることなくスケールを通ることが出来る。
(圧力を加えることなくスケールを通ることを確認)

【引受不可】
・膨らんでいる部分がスケールに引っかかる。
・圧力をかけ郵便物等を押し潰してからならスケールを通る。


郵便物等、厚み制限の計測方法について

関連
ガイドルーラー




[PR]
賢い人のお得なサイト | ハピタス



戻る
郵便発送に戻る
1177422