年賀葉書(年賀状)をまとめて送る方法(レターパックなら1000枚)





 知り合いに年賀葉書をまとめて送りたい需要があるようなので方法ごとにどれくらいの枚数が
どのようにすれば簡単安全にまとめて送れるかの方法を掲載いたします。小口の150枚クラスから
大口の8000枚を1梱包で送りたい場合などの方法です。


●スマートレター(150枚)
解説
150枚で(重量0.5kg)になります。
郵便局等で販売しているスマートレター封筒で送れます。
100枚束だと約2.5cmになるので、75枚程度(約1.9cm)にして横に2つ並べて封筒に入れるだけです。
スマートレター
年賀葉書をスマートレターで送る




●クリックポスト(300枚)
解説
300枚で(重量0.95kg)になります。
ネットでの決済と自分で伝票を印字する必要があります。
重量制限で余裕ありますがこのくらいしか送れません。
任意の封筒で送れ、追跡も利用でき164円です。
100枚束にして横に3つ並べて封筒に入れるだけです。
クリックポスト
年賀葉書をクリックポストで送る




●ポスパケット(300枚)
解説
300枚で(重量0.95kg)になります。
重量制限で余裕ありますがこのくらいしか送れません。
任意の封筒で送れ、手元の切手が利用できます。
クリックポスト同様、100枚束にして横に3つ並べて封筒に入れるだけです。
ポスパケット(簡易小包)


●レターパックライト(400枚)
解説
400枚で(重量1.3kg)になります。
葉書100枚束で厚さ2.5cmですので多少の梱包しても余裕です

レターパック
年賀葉書をレターパックライトで送る
年賀葉書をレターパックライトで送る


●レターパックプラス(1000枚)
解説
1000枚で(重量3.1kg)になります。
画像のようにレターパックプラスを直方体状にすると余裕もって1000枚入ります。
立体成型の折り方は、いきなりうまく折るのは無理なので使用済みのレターパックで練習してみてください。
透明テープで上下・左右に一回りさせるなど梱包に補強は必要です。
レターパック
年賀葉書をレターパックプラスで送る
年賀葉書をレターパックプラスで送る
年賀葉書をレターパックプラスで送る



●ゆうパック(1200枚)
解説
1200枚で60サイズ(重量3.7kg)になります。
ゆうパックの箱(小)を利用すると丁度入ります
重い品物はゆうパックが安くなります
ゆうパックと宅急便料金比較(安い方と差額はいくら?)
年賀葉書をゆうパック箱(小)で1200枚送る




●ゆうパック(3000枚)
解説
3000枚で80サイズ(重量9.2kg)になります。
ゆうパックの箱(中)を利用すると丁度入ります
年賀葉書をゆうパック箱(中)で3000枚送る




●ゆうパック(4000枚)
解説
4000枚で80〜100サイズ(重量13kg)になります。
納入時の段ボールが1梱包4000枚入ってますのでそのまま利用できます。
縦23cm×横35cm×高さ25cm

年賀葉書をゆうパックで4000枚送る
年賀葉書をゆうパックで4000枚送る


●ゆうパック(6000枚)
解説
6000枚で100サイズ(重量19kg)になります。
レターパック200枚が納入された箱がそのまま利用できます。

年賀葉書をレターパックの箱で送る


●ゆうパック(6400枚)
解説
6400枚で100サイズ(重量20kg)になります。
ゆうパックの箱(大)を利用すると丁度入ります

年賀葉書をゆうパックの箱で6400枚送る


●ゆうパック(8000枚)
解説
8000枚で120サイズ(重量26kg)になります。
4000枚入る箱が2つそのまま入る箱がヤマト運輸で売っています。
宅急便の車両が箱にデザインされたタイプです。
縦35cm×横52cm×高さ29cm(350円)
年賀葉書を箱に入れて8000枚送る
年賀葉書をヤマト運輸箱に入れて8000枚送る





[PR]賢い人のお得なサイト | ハピタス


年賀はがき総合情報へ
郵便発送へ
0044501