代金引換の引換金が、ゆうちょ以外の金融機関にも振込可能へ(2016年2月開始)




 代金引換ゆうパック・郵便・ゆうメールの等の引換金が、送金方法として今までの「電信払込み」「通常払込み」が廃止され
2016年2月より、ゆうちょ銀行以外の金融機関にも送金が可能の銀行振込に変更されます。

 プレスリリース ゆうパック基本運賃の改定と割引額の拡大等のお知らせ及び、   代金引換サービスのリニューアルにより
2016年2月より開始されるものです。

小口利用者の主な変更点
通帳のあるゆうちょ銀行総合口座宛の電信払込みの540円かかっていたところが130円に変更されます。
ただし、通常払い込みは廃止となるため、払込票の印字データの郵送時確認を利用していた場合は注意が必要です。

利用者は代引き伝票に「銀行名」「支店名」「口座種別」「口座番号」「口座名義」を書くことにより
ゆうちょ銀行以外の銀行に銀行振込により引換金を振り込みしてもらえることになる。
今までの、口座名義を確認しない通常払込みや、口座名義を逐一確認するゆうちょ銀行電信払込み、とは違い
システム的に伝票をOCRして記載された名義を登録して一括銀行振込方式に変更されますので、伝票に記載した
数字や文字が正しく読めない不明瞭な書き方だと振り込みされませんので綺麗な字で書く必要があります。
なお、代金引換の特殊取扱料金については変更はありません。

ご注意
ゆうちょ銀行以外の金融機関では口座の使用目的を機械的及び人為的にチェックがされている場合があり
多数の振込があるだけで電話や文書による確認または口座利用制限等がされる場合があります。
1件に付き1回の振込となりますので心配でしたら、事前に自分の利用している金融機関にお問い合わせください。
表面に記載した、振込先の金融機関情報(銀行名等・支店名・口座番号・口座名義カナ)については
受取人にも見られる形での配達交付作業が行われますので気にされる方はご利用をお控えください。
(郵便局では絶対に口座情報を見せないで渡すことは都度代引については事実上不可能となります)


新しい代金引換送金手数料
指定の金額が引換金から引かれて口座に振り込みされます

送金先と金額による送金手数料(差出人が送金担当会社に支払いただく金額)
送金金額 料金(※)
 ゆうちょ銀行の口座宛
  5万円未満 130円
  5万円以上 340円
 他の金融機関の口座宛
  5万円未満 216円(新設)
  5万円以上 432円(新設)
※ゆうちょ銀行口座宛ての送金手数料は、窓口における通常払込料金と同額
新代金引換送金手数料2016


代金引換の利用についての解説は下記のページ
代金引換郵便の出し方・質問
ゆうちょ代引の引換金の計算方法


○新代金引換ラベル(2016.02以降差出用)

●新代金引換ゆうパック伝票
新代金引換ゆうパック伝票2016年

●新代金引換郵便伝票(ゆうメール対応)・簡易書留付加対応
新代金引換郵便ゆうメール伝票2016年

●新代金引換郵便・ゆうメール伝票(一般書留付加用)
新代金引換郵便・ゆうメール一般書留伝票2016年


公式サイト
代金引換

[PR]賢い人のお得なサイト | ハピタス


郵便発送へ
0030052