はがき・手紙・印刷物、文書を海外に送る方法(海外年賀状






 海外に手紙や葉書やクリスマスカードや年賀状を送る場合の方法についての方法の解説です。
年末には、グリーティングカードやクリスマスカードを送る場合が増えますが
多く送る場合に書状とは別の扱いで安く送れる場合がありますので簡単に解説いたします。
なお、課税物品を入れている場合は税関告知書CN22を記載する必要があります。
課税物品を入れている場合荷物を郵便局から外国に送る方法選択をご覧ください。

◎手紙・はがき・文書・書類を送る方法の選択
項目 はがき書状印刷物グリーティングカードEMS
名称  POSTCARDLETTERPrintedMatterGREETINGCARD国際スピード郵便
送れる国 全世界全世界全世界全世界120以上の国
料金 航空便70円
船便60円
定形25gまで航空便
  第1地帯90円
  第2地帯110円
  第3地帯130円
20gまで航空
  第1地帯70円
  第2地帯80円
  第3地帯90円
20gまでSAL
  第1地帯70円
  第2地帯75円
  第3地帯80円
20gまで船便
  全世界70円
第1地帯90円
第2地帯110円
第3地帯130円
300gまでの場合
第1地帯900円
第2-1地帯1200円
第2-2地帯1500円
第3地帯1700円
送れる最大サイズ 長辺14〜23.5cm
短辺9〜12cm
最長60cm
3辺合計90cm
最長60cm
3辺合計90cm
最長60cm
3辺合計90cm
長さ+(高さ+幅)=
3m
送れる最大重量 なし2kg5kg25g30kg
送れるモード 航空便
船便
航空便
船便
航空便
SAL
船便
航空便航空便
運賃算定基準 全世界均一重量と地域重量と地域地域のみ重量と地域
基本補償 なしなしなしなし2万円まで
追跡可否 書留で可能書留で可能書留で可能書留で可能伝票番号で可能
追加オプション 速達
受取通知
保険付き
速達
受取通知
速達  
配達担当者 相手国の郵便事業体相手国の郵便事業体相手国の郵便事業体相手国の郵便事業体相手国のEMS配達会社
公式サイト はがき 手紙 印刷物 グリーティングカード EMS

国際通常郵便物、重さ・サイズ制限


種類

◆EMS
最大サイズ−横周(縦と横の合計の2倍)に長さを足したサイズが300cm
最大重量−30kg(国による)
料金−900円〜
簡単な解説
最優先の国際郵便サービス。
追跡できる国も多い。
手紙と物品を同時に送れます。
基本運賃で2万円までの実損額による補償がある(追加料金お支払いにより最大200万円まで)。
品物や書類を安く早く送るのに適しており、小さい品物であれば無料の梱包資材も用意されています。
貴重品は送れません。
送る国によりインボイスが必要となります。
最大長は国により、1.05m〜1.8mに決められている。
長さ+横周の最大長は国により、2.0m〜3.0mに決められている。
最大重量は国により、20kgまたは30kgに決められている。
書類用EMSラベルまたは物品用EMSラベルを詳細に書いていただきます。

公式リンク
EMS(国際スピード郵便)
EMS料金表



◎はがき
サイズ−長さ:14.0cm〜23.5cm、幅9.0cm〜12.0cm(長さは幅x1.4以上、長方形に限る)
最大重量−なし
料金−航空便70円、船便60円
簡単な解説
表示は「POSTCARD」。
最大サイズは国内郵便の定形サイズ相当。
SAL便は不可。
郵便局では、エアメール(航空便)専用の国際郵便はがき(70円)を販売している。

公式リンク
はがき


◎書状(手紙)
最大サイズ−長さ+幅+厚さが90cmまで(最大長60cm)の長方形
最大重量−2kgまで
料金−90円〜
簡単な解説
表示は「LETTER」(省略可能)。
特定の人に宛てた通信文を内容とする信書を送る方法です。
定形は50gまで。重さ・サイズが定形を超えれば定形外となる。
物品を同時に送る場合は、税関告知書(CN22)の記載が必要です。
現金や貴重品は、書留とした書状や保険付きとした書状で送ることが認められた国があります。
グリーティングカードは定形外サイズでも安く送れます。
SAL便は不可。
日本国内とは違い、最大重量は2kgまでとなっている。

公式リンク
手紙
通常郵便物料金表


◎印刷物
最大サイズ−長さ+幅+厚さが90cmまで(最大長60cm)
最大重量−5kgまで
料金−70円〜
簡単な解説
表示は「PRINTED MATTER」。
印刷された内容品を書状より安く送れる方法です。
開封(容易に開けられるようにしてあること。一部開封不可、ホチキス利用不可)とします。
書籍と冊子のみの場合は密封可能(BOOKONLY等の記載推奨)です。
国により2kgまでの場合があります。
国内のゆうメールとは違い、印刷物なら綴じてなくてもokですが、DVDなどの電磁的記録媒体は不可です。
相手の国で住所や名前が違う場合や、不在等の保管になり一定期間保管後に受取人からの請求がなかった場合に
配達不能のため印刷物の差出元への返送は、差出人が名あて国において通用する言語による郵便物面上の記載で
「返送を請求する」と明確に記載していない場合は、書留等にしていないのなら返送されません。

○印刷物扱いのクリスマスカード
形状:定形・定形外の区別なし

料金(最低区分20gの場合)<航空便>
 第一地帯:70円
 第二地帯:80円
 第三地帯:90円
(定形外でも同じです)
特殊取扱:相手国の条件により、速達・書留・受取通知が可能
注意点
・開封にする必要がある
・カードに書き添えることができるのはあいさつのための簡単な語句のみ
「Merry Christmas」や「A Happy New Yesr」など
・表面に「PrintedMatter」または「Imprime」と表示をする
関連


公式リンク
印刷物(雑誌・本)
通常郵便物料金表


○グリーティングカード扱い<航空便>
形状:定形・定形外の区別なし
重量:25gまで
料金
 第一地帯:90円
 第二地帯:110円
 第三地帯:130円
(定形外でも同じです)
特殊取扱:相手国の条件によりますが全てが可能
注意点
・開封又は密封で送ることが出来る
・カードに書き添える文字数に制限はない
・慶弔カードのみを内容としたものに限る
・表面に「GREETINGCARD」または「X’mas Card」などと
 慶弔カードのみが在中であることの明確な表示をする
関連
グリーティングカード料金<航空便のみ>


送り方の方法(モード)

●航空便
簡単な解説
表示は「Air」「PARAVION」。
詰め込まれるフライトコンテナ輸送のため梱包には耐久力のある方法が必須です。

公式リンク
発送方法の比較


●エコノミー航空(SAL)便
簡単な解説
表示は「SAL」。
フライトコンテナ積載に余裕のある日まで時間がかかるため2〜3週間かかります。
詰め込まれるフライトコンテナ輸送のため梱包には耐久力のある方法が必須です。

公式リンク
エコノミー航空(SAL)便について


●船便
簡単な解説
表示は「SURFACE」。
日本からは川崎港からのみ発送されています。
地域によっては2〜3ヶ月かかることもあり台風の季節は更に遅れます。
長期間の国際輸送のため梱包には耐久力のある方法が必須です。

公式リンク
発送方法の比較


特殊取扱

☆書留
料金−通常郵便料金+410円
簡単な解説
表示は「REGISTERD」。
普通扱いでは補償のない通常郵便物等に付加し、亡失等のあった場合に損害賠償がされます。
損害賠償は最大6000円ですのでそれ以上を希望の場合は保険付きとします。
現金や貴重品は、書留とした書状や保険付きとした書状で送ることが認められた国があります。
追跡のない方法で送る場合に追跡したい場合は書留を付加することになります。

公式リンク
国際書留郵便
国際郵便書留書状料金


☆保険付き
料金−小包は2万円までで400円加算(追加2万円ごとに50円)。郵便は460円加算。
簡単な解説
表示は「VD」。
取扱が可能な国に高額な品物又は補償が必要な物を送るために使われます。
現金や貴重品は、書留とした書状や保険付きとした書状で送ることが認められた国があります。
包装には輸送中に壊れない梱包が必須で、差出人による封かん表示が必要なほか 差し出しできる郵便局が限られています。

郵便物の場合
内容品についてCN22.CN23の貼り付け又は添付が必要です。
郵便物に記載したあて名の訂正は出来ません。
総重量・保険金額(日本円)・保険金額(SDR換算額)を記載しますが訂正は出来ません。
繋がった切手は貼れません。
封筒の場合は1枚の紙で作成された透けることのない輸送に耐えられるしっかりしたものである必要があります。
封じ目(紙と紙がくっついている部分)には印鑑かサインをし、セロテープで貼ります。
いろいろ面倒なのでラベル使用推奨です。詳しくは郵便窓口で聞いてください。

公式リンク
国際保険付き郵便


☆速達
料金−国際小包は450円追加。郵便は260円追加
簡単な解説
表示は「EXPRESS」。
配達局に到着後、特別の配達員により素早く配達されます。

公式リンク
速達


☆受取通知
料金−290円
簡単な解説
表示は「A.R」。
書留とした通常郵便物や保険付き書状などに付加することにより
受取人に配達された際、受領のサインをいただき発送されてきます。
受取通知用紙には返送先の住所を記載し郵便物に添付してもらいます。



[PR]賢い人のお得なサイト | ハピタス


宛名面の記載方法
伝票を使わない場合に国際輸送に耐えられる封筒や箱を利用しその包装に消えないような
マジック等で明確に書き記す必要がある。
 紙に書いて貼ると剥がれて行方不明になる
 水性ペン等で書くと水分で滲んで読めなくなる
 国際輸送は寒い貨物室にシートベルトしないで乗っているような感じですので隣の荷物が上にのしかかる


宛名面は横長で考え、右上に切手貼付スペース、右下に宛先を記し、左上に差出人を記す、
差出人と受取人を逆に書くと相手国からそのまま戻ってくる事例がよくあるので注意する。
日本国内の作業員も日本とは逆なので間違う可能性もあるので、差出人のFROMと宛先のTOは
赤字で書く等の明確さを強調した記載方法をおすすめいたします。
海外宛郵便の宛名の書き方
1)差出人(郵便物を出す人)の住所・氏名等の記載
あて名面の左上部に記入します
A.差出人の氏名(名前・名字)
B.アパートなどの建物名称・部屋番号
C.番地・丁目・町村名
D.市区名・都道府県名
E.郵便番号(アラビア数字)
F.国名(省略せず大文字で記載
の順で英語のアルファベットで記載します。
アルファベットで書かないと返信の住所が外国人は書けません。


2)受取人(郵便物を送って受け取って欲しい人)の住所・氏名等の記載
あて名面の左上部に記入します
G.受取人の氏名(名前・名字、外国人名なら省略せず全て)
H.アパートなどの建物名称・部屋番号
I.住所番号・街路名
J.都市名・地方名・州名
K.郵便番号
L.国名(省略せず大文字で記載
の順で英語・フランス語・相手国で通用する言語で記載します


海外宛郵便の宛名の書き方
海外宛郵便の宛名の書き方
主な料金
EMS(急ぎの配達を追跡付きで希望の場合に利用される方法)
0〜300gまで
 第1地帯:900円
 第2-1地帯:1200円
 第2-21地帯:1500円
 第3地帯:1700円
300.5〜500gまで
 第1地帯:1100円
 第2-1地帯:1500円
 第2-21地帯:1800円
 第3地帯:2100円
個人利用EMS手紙料金

航空通常(急ぎではないが航空輸送であれば追跡はなくてもいい希望の場合に利用される方法)
定形サイズ(25gまで)
 第1地帯:90円
 第2地帯:110円
 第3地帯:130円
定形サイズ(50gまで)
 第1地帯:160円
 第2地帯:190円
 第3地帯:230円
定形外サイズ(50gまで)
 第1地帯:220円
 第2地帯:260円
 第3地帯:300円
定形外サイズ(100gまで)
 第1地帯:330円
 第2地帯:400円
 第3地帯:480円
書状航空通常郵便料金

◎海外に新年の挨拶には、年賀はがき+18円切手

海外に年賀はがきを送る場合は販売されている年賀はがきが利用できます。
航空便の場合、全世界70円で送れますので18円切手を1枚貼ることになります。
18円切手は2014年10月末に発売が開始されました。

説明ページへ
海外宛の年賀状

(1)国内郵便と海外宛はがき料金に18円の差額がありますので年賀はがきに切手をはるか窓口で支払います。
(2)違法性はないことが確定しましたのでお年玉くじの部分を切り取ったり、「年賀」表示を消したりする必要はないです。
(3)航空便で輸送するため「AIR MAIL」という表示と、葉書の表示「POST CARD」をあて名面の余白に記載します。

よくある間違い
・差額である18円分以上の切手を貼らない場合は料金不足ですので差出人に戻されます。
・「宛先」「差出人」は日本国内の通例とは逆です。日本式で書くと日本に戻ってきます。


関連サイト
海外年賀


[PR]賢い人のお得なサイト | ハピタス

戻る
郵便発送に戻る

0467455