速達郵便利用。締切日必着や急ぎ郵便は窓口から確実に






 速達郵便の出し方です。締切日必着の指示のある受験願書や履歴書やES(エントリーシート)を速達などで出す場合に、
いつまでにどこに出せば間に合うのかについてです。郵便物の表記や切手の貼り方は郵便差出箱(路上ポスト)に入れるのなら
正しくしないと普通扱いで送達されてしまうので注意が必要です。
 当日配達希望の持ち込み郵便局は私書箱や住所宛配達の地域により変わってきますので注意しましょう。


今年も、
「必着とはどのような意味なのでしょうか?」
「送って欲しい応募書類はいつまでに郵便局に出せば郵送に間に合いますか?」
「何日前に出せば普通扱いでも間に合いますか?」
「局留の指定のある郵便局の窓口に出せますか」
「今日必着なのですが朝までに書き上がりますのでなんとかしてください」
などの問い合わせがありましたので参考にしてください。


関連リンク
24時間営業局ゆうゆう窓口で深夜・土曜日・日曜日・祝日・休日でも郵便発送可能
平日17時以降や土曜と休日(祝日と日曜日)も営業する郵便窓口(東京都)
ゆうゆう窓口(郵便局)24時間営業廃止が東京23区にも拡大
郵便配達日数検索|速達郵便が配達される予定日を調べる

速達郵便が配達される予定日


○速達の出し方

1.出したい郵便物を用意します
 中に品物を入れるのなら輸送に耐えられる箱梱包にしてから入れます。
書類なら必要事項書いて間違いがないか、しっかり確認しておきましょう。
表面には、受取人の郵便番号・宛先(建物名称と部屋番号)・名称(名前)を記載します。
表面下部または裏面下部には、差出人の住所氏名を同様に記載します。

郵便物には「こわれもの」という扱いはありませんので、輸送中には上部に他の速達の書類やポスパケットやレターパックが
30cm程度乗ります(A4書類30cmで10kg〜20kg)。郵便物は基本的に書類ですので重いので、重さに耐えられるよう
中味が重さに耐えられない品物なら梱包には箱に入れていただくのが良いです。

関連
定形・定形外普通郵便の厚み制限と梱包方法例


2−1.郵便差出箱(路上ポスト)に入れる場合
 速達のみの特殊扱いであれば郵便差出箱(路上ポスト)に入れることも可能です。この場合、郵便料金をまず調べます。
葉書であれば52+280円
定形で25g以内であれば82+280円
定形サイズでも1.0cmを超えれば定形外となり120+280円
になります。
280円になる速達は重さ250gまでですので重い郵便は注意します。

郵便物には「速達」であることがわかるように明確に表示します。
速達記号のサイズ
赤のボールペンで「速達」と書いたり上部に線を引いただけでは気づきません。
郵便物には料金分の切手を貼ります。貼る位置は縦長の封筒とした場合は、左上から左辺に沿って下に貼ります。

縦長サイズの場合の切手貼付位置
左上隅を基準に下方向に貼ります
縦長の定形速達
横長サイズの場合の切手貼付位置
右上隅を基準に左方向に貼ります
横長の定形速達

郵便差出箱(路上ポスト)に入れると回収時間によっては郵便局窓口に出した場合より遅くなります。
逆に言うと、急ぐ場合は集配する郵便局(トラックの出入りする集配拠点)の窓口に持っていきます。
ポストに入らないサイズ(横幅や厚さ)であれば郵便窓口に行きます。
「書留(簡易書留)」や「特定記録」の表示のある場合も、郵便窓口に行きます。


2−2.郵便窓口に出す場合
 郵便局の郵便窓口に行き、「速達で出したい」と伝え、郵便物を渡します。窓口担当者が状態を確認し
速達のスタンプ等で表示をし、重量を測り料金を伝えられますので現金で支払います。手持ちの切手で支払う場合は、
郵便物を出すときに「切手で支払う」と必ず言う必要があります。
 「書留(簡易書留)」や「特定記録」の表示のある場合は、特殊取扱分の料金加算がされて料金が伝えられます。
関連
郵便料金の支払い方法いろいろ(現金でも可能


3.領収証書と受領証の受け取り
 料金を支払うと「領収証書」が渡されますので保管します。
速達と合わせて、記録付きの「特定記録」や補償と手渡し付きの「簡易書留」を付加した場合は
「特定記録or書留郵便物等受領証(お客様控)」も渡されますので保管します。
相手が個人であるのなら受領証に記載してある追跡番号を伝えると相手が受け取りやすくなります。

[別納2]証紙別納
定形外+速達
[別納2]証紙別納の定形外速達
[別納2]証紙別納
定形+速達+簡易書留
[別納2]証紙別納の定形速達簡易書留


関連
「特定記録郵便物等受領証」のもらいかた

●速達にした場合の細かい条件

・表示
ポストに入れる場合の速達の表示は大事です。定形サイズは選別機械と人の目で速達の特徴を探して
速達以外は機械でそのまま流され、速達は速達郵便ルートに載せますので発見できなかったら
普通扱いで送達され、速達の急ぎ扱いにはなりません。速達の表示は封筒を縦長にした場合
上辺の右端隅から左方向に半分くらいを赤色で塗りつぶした状態にするのが確実です。
上辺に赤で表示があれば、区分機での区分後に束にしたときに気づく場合もあります。

右上隅から中央にかけて表示
定形封筒の速達表示
上部中央に表示
郵便はがきの速達表示
上部表示なら区分把束から発見できる
郵便束の速達表示

・切手の貼り方
 機械で検知されるには封筒・葉書を縦長に置いた場合、左上隅に1枚目の切手を貼りますが
2枚目・3枚目を貼る場合は左上隅を基準に下方向に貼らないと検知できませんので無意味です。
特に封筒を横型に利用されている場合で、左上に貼っても検知すら出来ません。横型利用で
1枚目を右上に貼り、2枚目をその下に貼っても検知は出来ません。
旧型の選別機は縦長封筒として上辺左隅及びそこから下に貼られた部分に切手が複数枚あるかまたは
速達用の切手が貼られているかどうかでしか検知する仕組みはありません。

検知される例
検知される定形封筒速達切手貼付
検知されない例
検知されない定形封筒速達切手貼付
検知される例
郵便はがきに速達切手貼付
検知されない例
検知されない定形封筒速達切手貼付


参考技術資料
速達記号は縦3mm横40mm以上を基本とする
速達記号
旧型選別機の切手検知可能範囲
新型押印機の切手等認識範囲
新型押印機の速達記号認識範囲




[PR]賢い人のお得なサイト | ハピタス


○「必着」とは何か

 「必着」とは、受験願書やES就職のためのエントリーシートの締め切り日として設定されており
その指定された日までに相手先に届いた場合のみ有効とされる方法です。
相手先の指定により方法や時間まで指定されている場合もありますので、その指定ごとに
間に合うかどうかが変わってきます。以下ではその方法別に解説しています。

注意
郵送限定の場合、郵便物以外(ゆうパック)で送った場合は有効にされない場合があります。
宅急便やクロネコメール便は郵便局でもないので無効となる場合があります。
私書箱宛は郵便以外の運送業者に差し出すと別途郵便料金がかかります。
一般の運送業者(ヤマト運輸や佐川急便)は私書箱宛は受け付けていません。
夕方配達になる場合、配達先が休業の場合は翌平日の配達になります。
土曜日曜祝日が配達日の場合、配達先が休業で配達を希望しないと届けを出している場合は翌平日の配達になります。
私書箱宛の場合、午後到着は到着当日に私書箱には入らない場合があります。
私書箱宛の場合、引き取り担当者は当日に来ない場合もあり翌日になる場合があります。
記録付や速達ではない場合、配達予定日より時間がかかる場合があります。


結論
ギリギリにださず余裕もって行動しましょう

 お届け日数を調べる で差し出し地と宛地の郵便番号を入れると配達予定日と時間帯が表示されます。
その結果の日数及び時間帯でいつまでに出せば良いのかの目安を提示いたします。
注意
午前とは郵便局窓口に10〜12時、午後とは郵便局窓口に15〜17時までに出された場合です。
雪の影響で航空機が欠航したり、高速道路の通行止めがあれば郵便輸送は遅延します。
普通通常郵便物は予定日数より時間がかかる場合があります。
街の郵便ポストに投函した場合は、窓口に比較して時間がかかる場合があります。
街の郵便ポストに速達郵便を投函した場合、機械で検知されず時間がかかる場合があります。
東京23区のコンビニポストで休日の夕方に集荷された場合は翌日の発送になります。
結論
調べて理解できないのなら時間に余裕をもって窓口に行き確認して速達で出しましょう

[PR]賢い人のお得なサイト | ハピタス

方法とサービスレベル別にいつまでに出せば間に合うかの一覧

○注意
・締切時間については上段記載の注意事項をご覧ください


●到着指定時間「必着、到着時間指定無し
普通扱い(翌日)−前日の締切時間まで
普通扱い(翌々日)−2日前の締切時間まで
速達扱い(翌日午前)−前日の締切時間まで
速達扱い(翌日午後)−前日の締切時間まで
速達扱い(翌日夕方・夜間)−前日の締切時間まで(夕方以降も営業している会社に限る)
速達扱い(翌日夕方・夜間)−2日前の締切時間まで
速達扱い(翌々日午前)−2日前の締切時間まで
当日配達−当日の締切時間まで
(上記以外)−離島などは離島の郵便局にお問い合わせください


●到着指定時間「必着、到着時間17時まで
普通扱い(翌日)−前日の締切時間まで
普通扱い(翌々日)−2日前の締切時間まで
速達扱い(翌日午前)−前日の締切時間まで
速達扱い(翌日午後)−前日の締切時間まで
速達扱い(翌日夕方・夜間)−2日前の締切時間まで
速達扱い(翌々日午前)−2日前の締切時間まで
当日配達−当日の締切時間まで
(上記以外)−離島などは離島の郵便局にお問い合わせください


●到着指定時間「必着、到着時間午前中まで
普通扱い(翌日)−2日前の締切時間まで
普通扱い(翌々日)−3日前の締切時間まで
速達扱い(翌日午前)−前日の締切時間まで
速達扱い(翌日午後)−2日前の締切時間まで
速達扱い(翌日夕方・夜間)−2日前の締切時間まで
速達扱い(翌々日午前)−2日前の締切時間まで
当日配達−当日早朝の締切時間まで(新特急郵便不可)
(上記以外)−離島などは離島の郵便局にお問い合わせください


●到着指定時間「必着、到着時間午前10時まで
普通扱い(翌日)−2日前の締切時間まで
普通扱い(翌々日)−3日前の締切時間まで
速達扱い(翌日午前)−2日前の締切時間まで
速達扱い(翌日午後)−2日前の締切時間まで
速達扱い(翌日夕方・夜間)−2日前の締切時間まで(夕方以降も営業している会社に限る)
速達扱い(翌日夕方・夜間)−3日前の締切時間まで
速達扱い(翌々日午前)−3日前の締切時間まで
当日配達−原則不可
(上記以外)−離島などは離島の郵便局にお問い合わせください

☆当日配達可能な方法
前日の締め切り時間に間に合わない場合は当日配達のできる方法で出し、締め切り時間に間に合わせることが可能です。

●局留(あて先が○○郵便局留または○○郵便局 留置)
宛先の郵便局まで行き窓口で出すことにより可能です。締切時間までに行きます。
東京23区内同士で宛先が配達を受け持つ郵便局なら新特急郵便も可能です。
宛先が配達を受け持つ郵便局ではない郵便局の場合は無理な場合があります。
東京23区以外で新特急郵便の取り扱える地域の場合は、差し出す場合は事前に郵便局にお問い合わせください。

●配達
内国郵便約款により配達郵便局に午前7時までに到着した速達は最初の速達便で配達され
午前7時以降夕方までに到着した速達は一番早い速達配達便により配達されます。
よって午前中配達希望なら午前7時、午後配達希望なら午前11時頃までに
配達する郵便局の窓口に速達として差し出せばその日の配達となる可能性が高くなります。
具体的な時間は配達郵便局により異なりますので直接お問い合わせください。

配達しない郵便局に出す場合、東京23区内同士なら新特急郵便も可能です。
東京23区以外で新特急郵便の取り扱える地域の場合は、差し出す場合は事前に郵便局にお問い合わせください。

●バイク便
バイク便(軽四輪・自転車・徒歩・新幹線・航空機などを利用するハンドキャリー便)などの利用の場合は
郵便窓口に時間までに差し出す付帯業務を行ってくれる業者に限ります。その場合、基本の時間や距離制運賃の他
実費(交通費・郵便料金)や手数料が必要となる場合があります。

23区内当日配達:新特急郵便
東京都内当日配達:当日配達ゆうパック


☆配達する郵便局の調べ方
配達を受け持つ郵便局のゆうゆう窓口検索 に宛先の7桁の郵便番号を入れることにより配達する郵便局が表示されます。
2カ所表示された場合、具体的な締切時間については電話して確認してください。


検索画面
配達郵便局検索

「〒150−8001:日本放送協会の配達局」の検索結果
日本放送協会

「〒105−7444:日本テレビタワーの配達局」の検索結果
日本テレビタワー

「〒135−0091:東京都港区台場の配達局」の検索結果
港区台場

「〒137−8088:フジテレビジョンの配達局」の検索結果
フジテレビジョン
137−8088新東京局の私書箱扱いのためこのような表記になります。
東京都港区台場二丁目4番8号株式会社フジテレビジョンに配達して欲しいのなら「135-0091」 で検索する必要があります


「麹町郵便局留」「神田郵便局留」の場合も同様に調べられます。

[PR]賢い人のお得なサイト | ハピタス

戻る
郵便発送に戻る
0129775